石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
再度の飢饉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
渡一。當秋酒造御差留に付、何方茂酒差支、越後等より取寄、一升に付五百文計。十二月
廿日後より、追々金澤新酒出來、一升に付三匁七分。但三の一造。〔文化より弘化まで日
記〕
第一章 制度法規 第二節 祿制
量器の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
口米の沿革を記したるに因み、こゝに量器の變遷をも考へざるべからず。葢し慶長九年八
月朔日の令に『新酒之事。九月より二月まで、上々酒京判一升に付て、八木一升五合宛た
るべき事。』とありて、この京判即ち京升...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
物々交換
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
米を請取る爲に用ひたりとて、柄の付きたる小升を寛政末年まで所藏せりといへるも、亦
傍證とすべし。定一、新酒の事、九月より二月まで、上々酒京判一升に付て、八木(ハチ
ボク)一升五合宛たるべき事。一、古酒は、三月...