石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第二節 祿制
量器の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ものを用ひしむることゝせり。降りて承應三年十二月四日の令に『當年貢米、古升に而納
候給人於レ有レ之者、新京升を以百姓へ爲レ廻、出目・不足之分指引算用可レ仕候。向後
古升に而收納仕間敷旨、給人中え被二仰出一候條、...
第一章 制度法規 第二節 祿制
口米の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
たる理由に就いては詳かならず。降りて寛文十年には、斗子升を以て量りたる定納及び口
米の合計一石八升が、新京升一石一斗一升二合四勺に當るを以て、口米を一斗一升二合四
勺と爲さゞるべからざることを算出せり。然るに新...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
現石算則の説明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
即ち定納なり。定納=改定給祿×1.18/3=(元高+1350)×2/29×1.18/3藩は又寛文
十年新京升を用ひたりし後、定納一石に對し一斗一升二合の口米を上納せしめ、之を給人
の所得とする慣習を有し、又口米...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
寛文の村御印
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り上に付無檢地極一、百一石免四ッ四歩内二ッ一歩八厘上(明暦二年より歟)る四十九石
四斗一升七合定納口米新京升内三十八石一斗七合年内可二納所一十一石三斗翌年六月中銀
子に而可二納所一此代銀三百七十二匁九分一石に付...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
村御印略式の一例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高内六石明暦二年百姓方より上るに付無槍地極一、百二十七石免四ッ一分内四歩明暦二年
より上る右免付之通り新京升を以可二納所一。夫銀定納百石に付百四十目充、口米石に一
斗一升二合充可レ出也。同村小物成之事一、百五十...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米穀賣買の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
れ、無記名式とす。又給人の拂米切手あり。給人より藏宿に宛てゝ發行するものにして、
『覺、一、何石何斗者新京升、右拙者當收納米、其方え預米之内、米中買某へ賣渡候條、
米無二相違一可二相渡一候。』と記され、取次仲買...