石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
賈人の文學者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
飜つて前田綱紀の世に於ける庶人の間を通觀するに、一二好文の徒なきにあらず。左に列
せるものは、その最も...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
緇流の文學者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若し夫この時代に於ける緇流にして、文學を能くし、詩賦に工みなりしは、左の二三輩に
過ぎざるが如し。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊廣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
和より文政に亙る。齊廣學を好み、才を愛す。文化五年大田元貞の吉田侯に仕ふるを懇請
して之を聘し、六年天文學者本多利明、七年蘭醫藤井方亭を祿す。加賀藩に西洋學の起れ
るはこれを始とす。此の時長井平吉・渡邊栗・林瑜...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
稗史
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の、消閑の娯樂として禿筆を呵したるに止るべし。前節加賀藩に於ける國學の概況を述べ
たり。是より進みて國文學者・歌人・狂歌師の系統及び傳記に就きて説く所あらんとす。
史學者・故實家及び雜學者に及ぶこと、亦尚前節の...