石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第一節 學校
明治以後の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
官)・副知事(三等官)・書吏(七等官)・二等書吏(八等官)を置きて文武の學政を掌
らしめ、文學局に文學教師を、武學局に武學教師を置けり。その一等文學教師と一等武學
教師とは四等官に當り、二等文學教師と二等武學...
第三章 學事宗教 第一節 學校
寛政の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り。又教員には學頭一人、助教五人(儒者二人・陪臣三人)、讀師八人(歩士にして儒者
見習たるもの)、皇學教師一人(儒者役平士)、歌學教師一人(組外)、天文學教師一人
(物頭、後に儒者)、算學教師一人(歩士)、易...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
官衙の改廢と士分階級の改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
議衆議衆書吏監察局監察書吏庶務局主事試補承事書吏(學政寮軍政寮)知事副知事書吏二等
書吏文學局一等文學教師二等文學教師三等文學教師武學局一等武學教師二等武學教師三等
武學教師海軍局陸軍局主事試補承事書吏廐方鑄...
第三章 學事宗教 第一節 學校
致遠館の教師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
致遠館の教師は、外國教師一人・英學教師二人・漢學兼習字教師一人・學生方[寄宿取締
]二人・小遣二人・賄方二人を定員...
第三章 學事宗教 第一節 學校
醫學館 卯辰山貧病院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
伴ひ、長崎に至りて醫學校及び病院の制度を調査し、翌二年五月二十日人體模型・醫療機
械・藥品品び長崎病院教師マンスルト氏の講義録を購ひて歸り、新たに醫學館設立計畫主
任を命ぜられたりき。此の時恰も政府の布告を發...
第三章 學事宗教 第一節 學校
外國教師の雇聘
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
喜太郎以下三人は事によりて香港より歸國し、保次郎と卓爾とは所期の目的を達せり。翌
三年卓爾外國人三人を教師に雇聘するの約を結びて歸る。その一は和蘭一等軍醫ペイ・ア
・スロイスとし、一は普魯西鑛山學士イ・フオン...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
長崎出帆後の南坊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長崎出帆以後に於ける南坊の行動は果して如何なりしぞ。クラセに據れば、南坊及びその
妻ジユスタ等は、宣教師八名、宣教師の稱號を得ざるもの十五名、耶蘇會學校の日本少年
十五名、多數の西班牙教師等と共に、フイリピ...
第三章 學事宗教 第一節 學校
挹注館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三年十一月又致遠館と合併して中學東校となりしを以て、挹注館の存在は其の間僅かに一
年に過ぎざりしなり。教師の主なるものは、舊幕臣長野桂次郎・藩士柴木昌之進等にして
、綴書・讀本・文典・地理・歴史・日本外史・十...
第三章 學事宗教 第一節 學校
小學所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
術。但朝五つ時より四半時迄素讀解義并算術、晝九半時より七時迄習字並文字誦讀・萬國
國盡等を教ゆ。小學所教師學校より御指配、雜用は會社持にて、炭・疊等割符取立、餘は
上より御引足の事。但入門之節束修及び毎歳七月...
第三章 學事宗教 第八節 科學
伍堂卓爾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
庭に學び、三年江戸の種痘所に入りて蘭書を學び、慶應元年長崎に往き、三年その地の精
得館に入り、蘭人醫學教師マンスフエルトの教を受け、爾後職を長崎病院に奉ぜり。明治
二年三月卓爾藩命によりて歐洲に赴き、和蘭ユー...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
利長外教禁止令を傳ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
家康の外教禁止を實行する爲に、その宣教師を國外に放逐し、又邦人にして信徒たるもの
を轉宗せしむべしとの命令が、利長の許に達したりしは、利長が恰...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
基督教徒の遺蘗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
徒の上に加ふることなかりしを以て、信仰の鞏固なるものにありては依然として之を遵奉
し、京都に潛匿せる宣教師も亦屢巡遊し來りて彼等を激勵するを懈らざりき。就中その最
も有名なるはベント・フエルナンデスにして、彼...
第三章 學事宗教 第一節 學校
開校當時の教師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明倫堂創設の際に於ける教師は、學頭新井白蛾の外、助教に長谷川準左衞門・新井升平、
助教雇に澁谷潜藏・中島半助・林翼、讀師に宮井柳...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集學所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ず。職員には頭取と稱するもの約二十人あり。有志の士民出校勤務するものにして、俸給
を與へず。その他漢學教師五人・習字教師三人・算術教師二人ありて、各年俸八十兩とし
、習字手傳二人は四十兩宛を受け、藩士高澤仙之...
第三章 學事宗教 第八節 科學
馬島健吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に諸外國を歴遊して刀圭の術を學び、傍ら語學を研究せり。四年健吉藩命によりて歸朝し
、金澤に於ける醫學館教師蘭人スロイスの通辯係となり、醫學館教師を兼ぬ。然るに五年
醫學館廢せられたるを以て、健吉等私費を以て之...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
加賀に仕へたる後の南坊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
此の如き態度は、決して一身の安全を期待すべき所以にあらず。慶長元年十二月秀吉の長
崎に於いて西班牙の宣教師を磔刑に處するや、南坊は己も亦迫害を受くること遠からずと
なし、豫め伏見に赴きて利家に暇を告げ、多年の...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
南坊等の長崎滯在
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
飜って南坊等に就いて見るに、この年二月一日以降、外國に追放せらるべき者相繼いで長
崎に着し、耶蘇會の宣教師は耶蘇會の地方長に、他派の宣教師は各その派の長老に責付せ
られ、而して諸侯の命によりて追放せられたる信...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
藩廳設置と給祿改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
營繕一。驛遞掛掌二管内驛遞事件一。學政掛掌下監二督學舘一總二治文武學科一生徒進退
演武運艦等事上。文學教師掌下教二授生徒一飜二譯洋書一及治療算數等事上。武學教師
下教二督生徒一講二究武事一等事上。運艦掛掌二...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集義堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
經營の衝に當りたる時には、上田作之丞・寺田九之丞等を金澤より招き、天保より嘉永に
至る間には湯淺丈次郎教師となり、その後曾田左助・新井周藏・木下仁平・今川伴樂・北
村順吉・一色覺右衞門・千秋順之助・稻垣此母・...
第三章 學事宗教 第一節 學校
壯猶館の職員
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人・小銃方指引四十人あり。卒族を指引するものゝ數も亦之に同じ。指引とは尚指揮とい
ふが如し。學術の擔任教師は鹿田文平・安達幸之助を飜譯方と稱し、其の他二三人あるに
過ぎずして、役料知を受くることなく、七月・十...