石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
災後の賑恤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の餘を受けて、益力を賑恤に致さゞるを得ざりき。是を以てこの年正月廿七日齊泰は有司
に教を下して、領内の救荒を懈ること勿らしめ、且つ臣僚中私に賑粥を行ひたるものゝ名
を具申せしめてその善行を奬勵する所あり。次い...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
吉徳時代の財政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、今年全國蝗蟲害を爲し、京都以西凶歉最も甚だしと聞くが故に、今幕府の我に返金せん
とする期を延べ、以て救荒の急務を行ふに意なきかと諮りしに、幕府その献議を嘉納せり
。されば十八年正月十五日吉徳例によりて登城せ...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
藩費節約
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
くは卿等更に政事に勵精し、邦内をして動搖せしむること勿れ。又曰く、去年以來民間粥
を給し財を施し、力を救荒に致しゝ者少からず。余之を賞せんとするを以て、その人と事
とを録して提出せよ。又曰く、城下の民庶憔悴殊...
第三章 學事宗教 第八節 科學
村松標左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
栽を研究し、又紀州に遊びて蜂蜜の製法を明らかにせり。天保十二年歿す、享年七十九。
著す所大和本草大意・救荒本草啓蒙等あり。その腊葉帖二十一册は現に石川縣物産陳列所
に藏せらる。