石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
政重二萬石を賞賜せらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前田氏が新川郡を失はざるを得たりしば、實に政重の功によれり。是を以て十九年利長の
薨後利常は前約を履行し、六月十三日附を以て政重に二萬石を加増し、合...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
本多政重の深慮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常は小松城に入りし後、大聖寺侯利治の爲に老臣本多政重の女を納れて室たらしめんと
欲し、政重を召して之を諭しゝに、政重は命の辱きを謝せしも、聊か思ふ所ありと...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
本多政重の再仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
本多政重が先に前田氏を去らざるべからざりし事情は之を知ることを得ざるも、恐らくは
彼が關ヶ原戰役に於いて西軍に...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
幕府新川郡の返上を前田氏に命ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
政重の加賀藩に筮仕せる後、慶長十八年幕府は前田氏の領有する越中新川一郡を返上すべ
きを命ぜんとしたるを以て...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
利長身後の計を本多政重に託す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
於いても素より緩急に處するの方策を講ずるに怠らざりしなるべし。時に利長の病益篤か
りしかば、利常は本多政重を伴ひ高岡に至りて之を省せり。利長政重を見て曰く、我今老
いて病み、世に在るもの甚だ久しからざるべし。...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
政重の流浪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
本多政重は徳川氏の老臣佐渡守正信の第二子にして、天正八年を以て生まる。政重年十二
の時、倉橋長右衞門の養ふ所と...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
前田勢眞田丸に迫る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
四日丑刻、政重等伯母瀬山を襲ひ、草を披きて敵を索めしも一兵の留るを見ず。偶山崎長
徳隣營に在りて之を知り、政重が戰友...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
奧村榮頼の致仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明あるに服し、康定の忠勇無双なるを賞せり。既にして榮頼の訴遂に行はれざりしを以て
罷む。初め榮頼、本多政重と親善なり。眞田丸の戰に榮頼、政重と共に兵を進めんと謀り
しが、政重は之を辭し而して榮頼は敗衂せり。後...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を遣はし役夫を督して石材を金澤城に取らしむ。某乃ち命を奉じて城に至りしに、番卒等
之を叱して曰く、木多政重・横山長知二人の命を得るにあらざれば、汝等の城内に入るを
許す能はず。况や石材を擇びて搬出せんとするに...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
本多政重政務顧問となる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
本多政重はその後尚初志を固執して政局の表面に立つを肯ぜざりしを以て、元和二年利常
は庶政を横山長知に委し、政重...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
政重の利常に上りたる誓書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
レ被レ爲二領知一之状如レ件。慶長十九年六月十三日利光(利常前名)在判本多安房守殿
〔本多家記録〕○本多政重畫像男爵本多政樹氏藏本多政重画像
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
幕府加賀藩の行動を疑ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を圖らんとすとの流言頻に江戸に行はれ、而して幕府も亦頗る之に關心すとの密報を得た
り。利常乃ち老臣本多政重・横山長知二人を招き、議して曰く、社稷存亡の期方に今日に
在り。この時に當りて乃公自ら江戸に往きて辯疏...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
本多政重
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
吾人はこゝに利長薨去前後の事情を記し終るに際し、當時老臣に本多政重ありて、前田氏
の提封を維持するが爲偉大の功績ありしことを附記せざるべからず。
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
豐臣民の援を求めたる時期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
知らずといへども、若し金穀の匱乏に關する事の如くならば、一に貴女の命のまゝならん
のみと答へ、一面本多政重を介してその交渉の顚末を家康に告げしめしに、家康は大に利
長の忠實なるを嘉賞したりき。是に於いて利長は...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
將軍秀忠、利常の邸に臨む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
藩邸に臨めり。この日貺賜甚だ隆にして、献饋亦鄭重を極め、猿樂を奏して觀覽に供す。
秀忠、利常の老臣本多政重等九人に物を賜ひ、政重等も亦物を献じて謁見せしに、秀忠は
歡を盡くして還る。
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
課役の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
坂兩陣の後に在りては、暫くこの事なかりしが、元和六年正月には大坂城の修築の命あり
しを以て、利常は本多政重・横山長知を遣りてその役を督せしめ、而して寛永十三年に又
江戸城の工事を命ぜられしこと先に述べたるが如...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
藩臣の叙爵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りたりしが、彼等の相次いで卒するや又これを補ふことを爲さず。利常の時に於いて元和
元年閏六月新たに本多政重を安房守、横山長知を山城守としたりしが、正保三年長知卒し
、四年政重の卒したる後は、全く叙爵の臣を有せ...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一五七頁長好連畫像一五八頁―一五九頁前田利政畫像一六六頁―一六七頁前田利長畫像一
九四頁―一九五頁本多政重畫像二〇二頁―一二〇三頁國寳妙成寺塔婆二六八頁―二六九頁
西尾長昌宛前田利常書翰二七八頁―二七九頁金澤...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
甫庵の文書假作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
然事實にあらず。又首十二到來せるととを記するも、十三日附利家の書状に據れば、利家
が秀吉に呈したるは成政重臣の戰死者注文付にして、首級その物を送致せざりしが如く、
假令首級をも併せ送りたるなりと解するも、その...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
幕府の禁令益嚴を加ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は海邊敷ヶ所候之條、別而可レ被レ入レ念事肝要候。謹言。六月三日(寛永二十年)筑前
(光高)本多安房守(政重)殿横山山城守殿奧村河内守殿横山大膳亮殿前田出雲守殿〔薫
墨集〕○きりしたんの事伊豆原權之助申状一、瀬...