石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の大大名たる事實を述べんとするに外ならず。石川縣史第三編は、江戸時代に於けるこの
標式的大名の行ひたる政治的施設と、その保護の下に發達せる文化との一般を叙述するを
目的とせり。故に吾人の計畫にして略その目的に...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
前田齊廣の施政方針
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
參畫する者の居りし所を教諭局と名づけたるも亦これに基づく。これ今齊廣時代の施治を
説くに當り、假に教諭政治と題する所以なり。
第六章 大聖寺藩治一斑
利考の政治
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利章以來數世の間、上下太平に狃れて偸安風を爲し、士人文武の何たるを忘れたるもの多
かりき。是を以て藩の政治素より萎靡して振はず。利考居常これに慨然たりしが、年尚幼
なるを以て志を蓄へて敢へて發せざりき。然るに...
第六章 大聖寺藩治一斑
利平の政治
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利平心を政治に傾け、その士を用ふるや、常に眼を他に憎まれ他に謗らるゝ者に注ぐ。曰
くこれ或は器使すべしと。藩の制從...
復刊のことば
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の範たるものとして、当時全国に誇りうるものでありました。特に上古より稿を記し、明
治時代に至る各時代の政治経済、産業、教育、文化、風俗、地誌等各部門にわたる詳述は
、地方史研究の貴重なる文献資料として高く評価...
再刊の辭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
關する記事は、尚初版に於けるが如く之を加賀藩のそれに比するに、量に於いて甚だ寡少
なり。これ大聖寺藩の政治經濟が悉く加賀藩の指導誘掖する所に係りたると、その封祿の
輕微なりしとに因り、縣下の大勢を動搖せしむべ...
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に於いて、海内稀に見る所なりとせらるゝもの、一は佛教篤信の結果なりといへども、亦
一は前田氏歴世寛仁の政治に浴したるが爲ならずんばあらず。而してその弊の赴く所、因
循姑息となり、優柔不斷に陷れるもの、亦同一の...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
章加賀藩治停頓期五〇五頁第一節大槻騷動五〇五頁第二節財政逼迫五五九頁第三節風教作
振五七九頁第四節教諭政治六〇二頁第五節社會種々相六三二頁第五章加賀藩終末期六八一
頁第一節奧村榮實の献替六八一頁第二節黒羽織黨...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の遺言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・奉行の輩に對して誓書を徴すると同時に、又種々の遺言を爲して筆記せしめ、之により
て家康は伏見に在りて政治を輔け、利家は大阪に在りて秀頼の傅たるべしと定め、更に利
家捐舘の後に在りては、利長をして利家に代らし...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
利常の農制整理
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常人と爲り聰慧機敏、才略衆に超ゆ。元和鞬櫜の後、利常心を政治に用ひ、最も農制を重
んず。故にその創定する所、後世皆之に率由して利便多く、藩吏或は少しく之を改めんと...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
愛本橋の架設
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
その工を監し、寛文二年に成れり。綱紀は、智仁勇の三才をかねたりといふべきほどの人
にてありければ、國の政治もすぐれたりし事ども多く、黒部川四十八ヶ瀬といふは北國に
かくれなき難所にて、わたり瀬急流なるゆゑ、や...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
寄合政治の改善
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
綱紀の初世に於いては、藩士の中厚祿を受くる者、千石以上百六十餘人、萬石以上十數人
を算したりき。是等は...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
大槻朝元の一大疑獄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を距ること已に一百五十年に及び、利家時代に於いて戰場の勇士たり又は帷幄の謀臣たり
しが爲に、大祿を食み政治に參與するに至りたるものも、その子孫は必ずしも祖先の如く
勇武あり智略あるにあらず。且つ先侯綱紀不世出...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
齊廣の致仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
齊廣はその襲職以後二十年間に亙り、假令効果の努力に伴ふ能はざりしにもせよ頗る緊張
したる政治を行ひたりしが、文政五年齡既に不惑を超えたりしを以て、文政五年十一月十
五日自ら致仕して封を嗣子齊泰に...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
教諭局
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
堀孫左衞門善勝・坂井小左衞門克任・松原牛兵衞有之・神田吉左衞門保益なり。齊廣日に
老臣及び局員を會し、政治の得失と施設の先後とを議し、士風を振作し民風を革新し、封
内をして至治の澤を被らしめんことを謀れり。齊...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
齊泰の治世
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
したるを以て、藩治も亦頗る多事多難なるを免るゝ能はざりしが、その最初に起りたる事
件は、先侯齋廣の監國政治に與りたる組頭を中心とする一派と、今侯齊泰の親政に伴ひて
新たに廟堂に立ちたる年寄に荷擔する一派との軋...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
寺島藏人の建議と處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
遵守して失ふ所なかるべきを告げたりしに、十五日馬廻頭寺島藏人は書を諸老臣に致して
、從來年寄等施す所の政治が先侯の意に反するものたりし所以を述ぶること滔々數千言に
及び、以てその反省を促さんとせり。その略に曰...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
奧村榮實の登庸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
至りては固く之を辭せんと請ひ、遂に齊泰の同意を得たり。爾後天保十四年八月榮實の卒
するに至るまで、藩の政治は多くその畫策に出づ。奧村榮實詠草金澤市黒本植氏藏奥村栄
實詠草
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
老臣の藩治振興策
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て、その因りて來る所一に政令の不信に基づくものゝ如し。然らば則ち風俗を正しからし
めんとするには、先づ政治の局に當る者をして名實相反するの行なからしむるに若かざる
なり。且つそれ善治を得んとせば政教並び行はれ...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
横山隆章の擡頭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
も、偏信の僻ありしを以て先に之を罷めしめたるは、普く卿等の知る所なり。抑卿等の地
位は、皆一藩の盛衰・政治の得失の係る所なり。豈偏頗の見を固執し、和平の道を失ひて
可ならんや。自今深く之を警むべしと。藩政の沈...