石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
獨住制の採用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
し、且つ住持の本山に在る間自院の役務を執る能はざる所以を述べ、以て獨住制の繼續を
希望したるに拘らず、政府は之を峻拒するの奇觀を呈したりき。而も一派内の實情は到底
政府の命に盲從すること能はず、政府も亦敢へて...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
加賀藩發行の錢札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩が嘉永四年八月より銀仲預銀手形を御算用場取扱の銀札とせしこと前に言へる如く
なるが、明治元年政府は銀の通用を廢したるを以て、五月藩は錢札を發行し、錢札百文を
銀札一匁に相當することを定め、漸次銀札の...
第一章 制度法規 第四節 租税
藩末の雜税
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る雜税と不定額なるものとの區別大に整理せられたり。その税目と税額とは、明治二年版
籍奉還の後金澤藩より政府に報告したる舊領地租税録によりて、頗る詳密に知るを得べし
。この文中に洩物とあるは、輸出入物貨の口錢を...
第三章 學事宗教 第一節 學校
醫學館 卯辰山貧病院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
び長崎病院教師マンスルト氏の講義録を購ひて歸り、新たに醫學館設立計畫主任を命ぜら
れたりき。此の時恰も政府の布告を發して醫學を奬勵するに會せしかば、藩は三年二月醫
學館を大手町なる津田玄蕃の舊邸に創立し、養生...
第三章 學事宗教 第一節 學校
大阪兵學寮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明治二年政府は兵學寮を大阪に設け、生徒を諸藩に募りて士官を養成せしが、岡田秀之助
聘せられて教師となり翌三年に及べ...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
金平銅山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せしめんとせしが、時恰も廢藩に際せしが故に、未だ着手するに及ばずしてデツケンは解
雇せられ、銅山は自ら政府の有に歸せり。
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
御算用場の預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
み。この銀札は明治元年五月以降錢札と引換へ、三年四月を限り通用停止を告示したりし
も尚殘存し、六年五月政府の新貨幣と交換するもの總數四十一萬二千五百九十三枚、この
銀價九百六十三貫百九匁なりき。
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
預銀手形の相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見る。而して明治四年七月廢藩の際に於いては、金一兩に銀札百九十七匁九厘に下落した
るが故に、同六年五月政府が舊銀札を新貨幣と交換したる時には、金一兩を新貨幣金一圓
に宛て、前記四年七月の相場に基づきて、銀札一...