石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
幕吏の開戰督促
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
諸藩の齋しく來り圍むに至らば、彼等糧食の缺乏に苦しみ、戰はずして降伏せんこと必せ
り。これ今日我が藩の攻撃を急にせざる所以なり。况や彼等の既に信義を示して、疎暴の
擧あることなきに於いてをや。然るに強ひて之に...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の關東征伐と利家利長の從軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
等城を去ること一里の地に陣し、守將大道寺政繁を招降せんとせしも、政繁は之を肯んぜ
ざりき。因りて廿八日攻撃を開始せしに、政繁善く拒ぎしを以て、先づ長圍の策を取り、
四月十九日に至りて諸軍齊しく突貫せり。時に利...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
齋藤隊等の出雲崎久田村の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
齋藤隊は曩に長岡の攻撃に參加したる後、大島より柏崎に移りしが、六月二日更に出雲崎
に轉ぜしに、海岸の敵は山田村に、山地のもの...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
東馬場の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
越中軍の一たび朝日山攻撃に失敗するや、幾ばくもなく成政は神保安藝守氏張・土肥美作
政繁・狩野將監等をして、兵三千を率ゐて鹿島郡...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
上杉景勝の越中攻撃と利家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
景勝は前田氏に對する同盟の約を實現せんが爲、その將土肥政繁等を先鋒たらしめて越中
を侵し、新川郡境城を攻撃せり。城兵能く拒ぎて奮鬪せしも、成政の援軍急に到らず、爲
に脱走するもの相踵ぎしかば、守將益木中務丞は...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
大聖寺城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
り來りて放銃するに及び、亦支持すること能はずして城門より入れり。是に於いて山崎長
徳等、城南の鐘ヶ丸に攻撃を加へんとし、利長はその東南なる石堂山に陣せり。利長時に
鯰尾の兜を戴く。鉢の長さ三尺二寸、楮紙を張り...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
前田利政の末路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
侍從前田利政の末路も、丹羽長重と共に悲しむべきものゝ一なりき。先に利政は八月の役
に出軍し、大聖寺城の攻撃に參加したりしも、九月再度の出征に際しては遂に之に從はざ
りしを以て、戰後家康はその罪を責めて所領を沒...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
攻撃開始
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次いで十二月三日に至り、前田軍初めてその攻撃行動を開始す。この日家康、諸營を巡廻
して前田軍に來り、利常に語りて曰く、この城急に薄るべからず、宜し...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の長岡城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
門の家に設け、十五日大島村の託善寺に出張し、歩哨を置きて信濃川沿岸の警戒に當らし
め、將に大に長岡城を攻撃せんとせり。十六日朝三好參謀託善寺の營に來り、告げて曰く
、信濃川の河床に沙洲あり、長さ三十間高さ三尺...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
荷頃村及び半藏金の敵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
兵の頭上に落ち、之に加ふるに薩長の迂回兵も亦我が後方數十歩の所に潛行して發射せし
かば、腹背共に友軍の攻撃を受くるの苦境に陷れり。是を以て小川隊は蹶起して崎嶇たる
山路を攀ぢ、辛うじて藥師堂に據るを得たりき。...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
末森城攻圍戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して敵は凱歌を擧げて之を固めり。成政戰状を視察し、前線の兵已に疲憊せるを以て、平
左衞門の隊をして代り攻撃せしむ。永福乃ち兵を集めて靜かに防守の策を講じ、その子助
十郎榮明・叉十郎易英は城内之巡りて警戒を加へ...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
利家戰捷を秀吉に報ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
機を誤りて末森の戰に參加し得ざりし七尾諸將が、利家に對する贖罪の意味を以て、十一
・十二日の間に幾分の攻撃を敢行せしものゝ如く思はる。而して末森の役に關しては、素
より利家の之を挑發したるに非ずといへども、彼...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
上杉氏の尋盟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
爲越中新川郡境城に迫り、火をその邑里に放ちしことを告げ、且つ久しからずして景勝も
亦出馬し、自ら成政を攻撃するの意ありといひ、以て將來の交歡を請へり。次いで十月二
十五日本願寺の坊官も亦書を下して、門徒の利家...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
利家の鳥越城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
末森の役以後に在りては、大風一過して波濤忽ち靜かなる能はざるが如く、加賀・越中二
國の境界線に於いて、...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
荒山城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この時能登の荒山には、神保氏張の裨將袋井隼人ありて之を守れり。利家乃ち十月廿六日
書を邊將青木善四郎・...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政の東海道に出でたる時期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、その季節に在りては到底之を敢行し得ざるべきを指摘し、且つ成政と家康との妥協成立
を以て、彼が末森城の攻撃を決意したる前提なりと解したるが故に、十一月は字形の相似
たるにより七月を誤れるなりと斷じたれども、そ...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
蓮沼攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
天正十三年二月、北國の雪僅かに融解せんとす。此の時に當りて利家の老臣村井長頼は、
再び越中を侵略せんこ...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政の鷹巣攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是に於いて成政は、前田軍の蓮沼襲撃に報いんと欲し、三月二十一日の夜、國境を超ゆる
こと一里にして河北郡...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政軍の今石動攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五月成政の將佐々平左衞門・前野小兵衞等、兵を率ゐて今石動を襲ふ。守將前田秀繼城を
出でて能く拒ぎ、その...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の九洲征討と利長の從軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
種實の臣熊谷久重・芥田六兵衞等は、豐前國巖石城を固守して抗敵せり。利長乃ち四月朔
日蒲生氏郷と共に之を攻撃し、自ら搦手方面に向かふ。利長の將岡島一吉・長連龍・奧村
永福・山崎長徳等、直に進みて外城を陷れしかば...