石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法實施
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常の初めて改作法を施行したるは、慶安四年五月石川・河北二郡に於いてせるに在り。
蓋し農民の最も強硬なるもの、領内加賀・...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
改作法施行の擴張
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
農制に於ける所謂改作法は、先に明暦二年を以て一段落を告げたりしが、當時加賀の一部
に亙りし富山藩領と、能登に於いて老臣長氏が...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常の改作法は、先づ地味の肥瘠を檢し、産米の多寡に隨ひて租率を定め、以て毎年納租
の額を不變ならしむる定免法を採用...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
利常の民政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、産業を奬勵し、士民の風俗を匡正する等の事を怠らざりしが、就中最も効果の後世に偉
大なりしものは、所謂改作法を施行せしことなりき。
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
士人の困窮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を爲し、之と同時に農民が租米納入の義務を盡くさゞるは、實に士人を窮乏せしむる最大
原因たるを以て、所謂改作法を實施して大に農制を改革する所あらんとせり。
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
清泰院の殂落
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常の改作法施行に熱中したりしは、恰も光高の卒したる後、幕府の命により幼主綱紀を
擁して國政を監したる時に當り、光...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
元祿の凶歉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
澤に留守せる老臣本多政長・前田孝貞以下、皆この危急の時に際して何等積極的手段を講
ずる能はず、唯纔かに改作法に規定せらるゝ貸米を農民に交付したるに過ぎず。米價引下
の方法としては、士人に一日一食は必ず粥を以てす...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
十村處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
改作法復活の令を發したる後、三月十七日齊廣は十村等の職を奉じて豪華の生活を營める
もの三十一人を算用場に捕へ...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
舊十村の復活と農吏制の改革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
復役せしめ、新十村も亦悉く職務を免ぜられき。是に於いて改作奉行は、十村の職務を執
るものは、藩侯利常が改作法を實施したる時より連綿たる舊族にあらずんば成績を擧ぐる
こと能はずとなし、かの能登島に配流せられたる者...