石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第二節 祿制
改作法施行以後の知行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田利常の改作法施行以後に在りては、檢見法によりて租率を上下するの弊を除き、一村
を通じて免相を一定ならしめ、且つ永久...
第一章 制度法規 第二節 祿制
所附
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、而して第一は給人の收納率を定めて知行を與へたるも、尚一村を通じたる村免の定まら
ざりし時の例、第二は改作法施行以後一村の村免が共通となりし時の例とし、第三は給人
今枝内記が何れの地に知行を受けたるかを示すもの...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改作は初め多く開作の字を用ひ、耕地整理・新田開墾・農事奬勵等の意味を含蓄せり。
作法の執行は、前田綱紀の施政を攝行したる利常によりて慶安四年より着手せられ、伊藤
内膳等を奉行とし、御扶持...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作法申渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
するに在り。是を以て毎年正月十七日、恒例として諸郡の御扶持人十村以下を金澤に召集
し、御算用場に於いて改作法の要領を口達す。この日改作奉行は、算用場奉行及び横目と
共に出席し、改作奉行中當番の一人之を申渡すもの...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ならしむると共に租納を安定にし、地頭と百姓との福利を同時に充實せしめんとの政策は
、加賀藩に於いて之を改作法と稱したるものにして、租率を定むるに毛見法を用ひずして
定免法に據り、百姓に作食米を貸與して、農繁期に...
第一章 制度法規 第二節 祿制
平均免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上記の如く改作法施行以後に在りては、百姓は定免に相當する定納を給人に納附すべきも
のなりといへども、給人よりいふときは...
第一章 制度法規 第二節 祿制
改作法施行前の過渡期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人の受くる收納を、折紙高に對して能州・越中知四ッ一歩、加州知三ッ六歩の平均免に
相當する額に定めたる...
第一章 制度法規 第二節 祿制
平均免の除外例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前述改作法施行の後、給人は一統に平均免によりて收納することゝなれりといへども、藩
の老臣に在りては、折紙高を村免...
第一章 制度法規 第四節 租税
田租
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
だしきものありき。是に於いて前田利常は、その晩年慶安・明暦の交に亙り、時弊を匡救
せんが爲に、その所謂改作法なるものを施行し、耕地を整理して隱匿を除き、耕耘に要す
る費用を勘へて租率を更改し、百姓の作得を豐かな...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
正月十七日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
正月十七日、十村等一統を算用場に召集し、算用場奉行及び横目等列席し、改作奉行は
作法を朗讀して聽聞せしめ、以て農事を奬勵す。
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
鍬初の申渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改作法の申渡終りたる後、改作奉行は諸郡首座の御扶持人十村を改作所に召喚し、鍬初の
書面を下附す。この事寛文四...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
極高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
むる時は之を極高と稱す。極高も亦草高なりといへども、特にその檢地を行ひたる點より
見てこの名あるなり。改作法施行以前より存在したる古田(コデン)は、多く檢地の手續を
省きて極高とし、之を無檢地極高といへり。新開...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
新開とは山野湖沼等惣べて不毛の地を、新たに開拓して田畑としたるものをいひ、之に對
して改作法施行以前より存せしものを古田(コデン)と稱す。新開に在りては、初年・次年
の收穫は全く作徳たらしめ、三...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
免 定免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は、他藩に於いて厘付といふものに當り、田地の草高に對して百姓の上納すべき租米の比
率をいひ、前田利常の改作法施行以後その徴收に定免法を採用せり。定免法とは、一村毎
に租率を定めて、毎年豐凶に拘らず定額の租米を上...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
歩苅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ンアヒ)を定むるには、一村惣高の收穫量を知らざるべからず。而してこの收穫を定むる
には歩苅の法に因り、改作法施行以後に在りて歩苅を行ひたるは、明暦二年八月越中國礪
波郡石坂出村に對して爲せるを初とす。明暦二年八...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
享保の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田利常の改作法施行當時に於ける歩苅方法は前記の如しといへども、その後上中下田各
三歩を苅り、定免と收納との割合を五公...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
敷貸米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に利子の制限なかりしが、爾後領内を通じて一ヶ年一歩七厘と定む。これ亦年二割より算
出せしなり。明暦二年改作法成るに及び、從來の敷貸米は元利共に之を免除し、以て百姓
が終生債務を負ふの苦酸を救へり。
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
不作 見立免切 見立代御貸米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改作法施行の後、風水旱虫等によりて不作となり、收穫の定納よりも甚だしく不足したる
時は、作柄に應じて一作の引...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
貧村御仕立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
減じ、地味を劣惡ならしめ、收益を損すること少からざるを以て、藩の特に之を保護する
を貧村御仕立と稱す。改作法施行以後に在りては、延寶年間越中新川郡の貧村を仕立てし
ことあり。かくの如き村方を世に改作村といひ、統...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
村御印
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一村毎に高・免及び小物成の種類・税額等を記し、藩侯之に捺印して與ふるものを村御印
といふ。前田利常の改作法を施行するや、明暦二年八月朔日附によりて之を頒ち、寛文十
年七月口米の量を異にしたるを以て、同年九月七...