石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の歸國と救濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年(元祿八年)御領國中不作、其上折々風吹、且又秋入之時分天氣惡敷、米不レ宜候付、
米高直罷成候。百姓共收納米致二不足一候へ共、家・野道具迄或賣或質物に入收納仕候。
其にても皆濟難レ仕候故、十村請合相對を以、侍...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
天保の徳政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
實の進言によりて、第三次の徳政令を發布するに至れり。即ち藩は天保八年六月藩臣の秩
祿二百石以上のものゝ收納米半額を借上げ、而して之に因りて當然家政の逼迫を増加すべ
き士人及び士人の債務不履行に因りて損害を受く...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十分の三以上に達したる時は實査を經て減租又は免租することゝせり。かくて士人は、年
の豐凶に拘らず一定の收納を得べきが故に、假令釆地に屬する農民たりとも直接に之を督
促することを得ざらしめ、算用場奉行・改作奉行...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法實施
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人共手前に百姓共年々未進等積りて、給人損料の者ありて、百姓中御吟味被レ成、御貸米
を被二仰付一、未進を收納被二仰付一もあり。夫より百姓共耕作に情を入油斷なく作付た
る者ならば、指て未進も有間敷と思召、委細に被...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
長連頼の訴状
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
御訴訟申上候而、左兵衞(元連)に家を讓申度心得御座候故、猥成所は糺明可レ申と存候
。其故新開出分、去秋收納不レ仕候。此吟味孫右衞門並一門共虚妄を仕候。十村迷惑仕躰
御座候。近年孫右衞門一類之外、新開仕候者一人...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
慶寧藩知事に任ぜらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
日慶寧又參朝せしに、勅して從來の秩額現穀十分の一を以てその家祿と定め給へり。是に
於いて藩侯が從前實際收納したる現行高に、元治元年より明治元年に至る五ヶ年間平均の
雜税收納金額を八兩一石の割合に換算したるもの...
第一章 領主及び領土
幕府領を加賀藩に寄田とす
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、刑罰に可レ被レ行者は、領國之如二人民一而、尤不レ及レ被レ達二上聞一候。然ば二ヶ
年(年々カ)物成被二收納一、一ヶ年分者金子を以壹萬三千石之高可レ被レ上レ之。山川
竹木小物成者、都而不レ及レ被レ上侯。此段早速...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
南坊等の金澤出發
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長に黄金三十枚の價値ある茶碗を贈り、利長の弟利常にも亦黄金六十枚を献ぜり。コリン
は、この六十枚は本年收納の未進額にして、侯の再び農民より徴税することなきを請はん
が爲なりしと記し、又パゼーは、利常がこの金子...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
利常の進軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
給人留守たるによつて、令二難澁一百姓有レ之候ば、一類共に可レ爲二曲言一事。』とい
ひ、以て藩及び諸士の收納に後顧の憂なからしむるを期す。
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
士人の困窮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、能く社會の中樞たるべき體面を維持し得ざるもの、往々にしてこれあるに至りたりき。
抑藩初に於ける貢租の收納は、所謂檢見の法に因りしものにして、年の豐歉に從ひ租額を
上下せしが故に、啻にその手續の複雜なりしのみ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
嶺上神祠造營の勅許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
〔白山麓十八ヶ村由緒扣〕○爲二白山長吏職料一、以二石川郡白山・三宮兩村之内百石之
所一令二寄附一畢。永收納不レ可レ有二相違一状如レ件。寛文六丙午年七月廿五日中將菅
原綱利(綱紀前名)在判白山七社惣長吏法印澄意...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より加賀藩の老臣に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
郡境に成候間、川北石川郡之山へ入不レ申とても、近年之御定に而山役銀出し申筈に候者
、山役銀も九郎兵衞へ收納候樣に其元にて可レ被二仰渡一候。此儀は無二心元一存候故、
拙子心得に而書殘し申候。數年如レ此相調申度存...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
二代目孫右衞門の奸邪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
その貢納する米質の檢査を寛大にし、藏奉行をして干渉する所なからしめたりしかば、寛
文元年に於ける長氏の收納成績頗る佳良ならず、その賣拂ひたる米穀の價格大に低廉なり
き。是に於いて金澤の老臣は、半郡中の農吏を召...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
士人の金融
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
當時窮乏に陷れる士人が最も普通なる借財の方法は、將來に屬する收納米を抵當として米
穀仲買人より借入銀を爲すに在りしといへども、是等は抵當物件に限りあるを以て、到底
限な...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
舊十村の復活と農吏制の改革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
らしめ、而して老臣と改作奉行とは相對して左右に居並べり。奉行等乃ち、舊族の十村を
登庸するにあらずんば收納等一切の事務澁滯するの恐あるべしと述べ、老臣は獄に投ぜら
れたるものゝ農吏に任ぜられたる先例なく、藩侯...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
再度の飢饉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ニ寄高山より氷吹下し、數百ヶ村立毛彌増之及二揖毛一侯。右之趣に付、何程の取劣に可
レ及哉、損毛高之儀は收納之上御屆可レ申候得共、非常之凶作に付先此段御屆申上候。以
上。申九月(天保七年)松平加賀守(齊泰)〔河...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
現石支給法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
給の時期を定む。葢し給祿とは尚從來の草高といはんが如く、家格に對する待遇を示すも
のにして、現石は即ち收納米に當る。こゝに於いて階級の低き者にありては收入尚舊時と
大差なかりしも、高祿の徒は十の一に足らざるに...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
改定給禄及び現石實例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
草高與力知元高收納米明治2年改正給祿同年改正現石 石石石石石石本多政以50,000,0000
,00050,000,00...