石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第二節 祿制
平均免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ものなり。今簡單に之を言はゞ、こゝに折紙高九十石の知行を加賀の所附にて受けたる給
人ありとせんに、その收納は九十石に加賀の平均免三ッ六歩を乘じたる、三十二石四斗た
らざるべからす。然れども加賀の定免は各村凡べ...
第一章 制度法規 第四節 租税
田租
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三分してその二を地頭の所得とするにありし如し。前田利家が長連龍に與へたる書中に、
『三分二は地頭へ令二收納一、三分一をば百姓徳分に可レ致候。』といへるもの即ち是に
して、同じく利家が天正十五年五月珠洲郡直郷西...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
引免斗過米 引免米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
方に下附せらる。是を引免斗過(ハカリスギ)米又は御藏返米と稱す。蓋しこの村方にては
引免を除き、殘餘の收納免を納租すれば足るといへども、給人知にしてその差引困難なる
が故に本免を以て納租し、引免に相當する定納...
第六章 經濟交通 第三節 市場
御藏米と町藏米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
凡そ百姓の生産する米穀は、その一部を藩侯又は藩侯の指定したる給人等の收納する所と
なし、一部を生産者たる百姓の作得となす。是等の中百姓が藩侯に對して上納する年貢米
は、領内數十...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米穀賣買の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤の米場に於ける米穀の賣買は、收納米の取扱を主とし、凡べて米切手によりて之が受
渡を行ふを例とす。米切手には藩の御藏米切手といふあり。一...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の歸國と救濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年(元祿八年)御領國中不作、其上折々風吹、且又秋入之時分天氣惡敷、米不レ宜候付、
米高直罷成候。百姓共收納米致二不足一候へ共、家・野道具迄或賣或質物に入收納仕候。
其にても皆濟難レ仕候故、十村請合相對を以、侍...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
天保の徳政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
實の進言によりて、第三次の徳政令を發布するに至れり。即ち藩は天保八年六月藩臣の秩
祿二百石以上のものゝ收納米半額を借上げ、而して之に因りて當然家政の逼迫を増加すべ
き士人及び士人の債務不履行に因りて損害を受く...
第一章 制度法規 第二節 祿制
平均免の除外例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前述改作法施行の後、給人は一統に平均免によりて收納することゝなれりといへども、藩
の老臣に在りては、折紙高を村免にて給せられしものあり。小松に在りて利常...
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人の定納口米惣收納
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
給人が口米として收納する額は、定納の總額に口米の比率を乘じたるものならざるべから
ず。故に今若し知行高百石を受くるものあり...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
收納藏代官定書懸札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
覺一、御代官米請拂任二下代一に不レ仕、御收納時分亦は出船之砌御藏所え被二罷出一、
無二油斷一可レ被二相務一事。一、御收納米え念入、跡々之通其村に出...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
享保の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田利常の改作法施行當時に於ける歩苅方法は前記の如しといへども、その後上中下田各
三歩を苅り、定免と收納との割合を五公五民としたるが如く、享保十年八月には改作奉行
より三歩苅の頗る手數を要するを以て、一歩苅...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
組高帳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
物成帳は、村御印に於いて村高の定められたる後、引高・手上高・新開等ありたるものを
記し、差引の結果現在收納すべき額幾何なるかを明らかにし、給人附帳は、惣收納高に付
き寺社領・給人知高として與へたるものと、藩の...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御塩藏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鹽の收納倉庫を御鹽藏といひ、常に倉番人を置きて監視せしめ、收納及び拂出の時に非ざ
れば開扉することなし。而して...
第六章 經濟交通 第三節 市場
切物商
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
切物商は現銀商より變化したる一方法なり。蓋し給人が知行米を收納する期日は、正徳以
前より半納・本納の二回に分かれたるが、その半納期たる七月朔日に在りては尚未だ新穀
を...
第六章 經濟交通 第三節 市場
版籍奉還以後の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
整理するの途に暗く、啻に半納期に於いて本納に至るまでの全額を賣却するの惡習慣あり
しに止らず、數年後の收納米を豫期して取次の米仲買に質入し、之を以て僅かに家計を支
へ得たるの状態なりしを以て、彼等の債務は漸次...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十分の三以上に達したる時は實査を經て減租又は免租することゝせり。かくて士人は、年
の豐凶に拘らず一定の收納を得べきが故に、假令釆地に屬する農民たりとも直接に之を督
促することを得ざらしめ、算用場奉行・改作奉行...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法實施
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人共手前に百姓共年々未進等積りて、給人損料の者ありて、百姓中御吟味被レ成、御貸米
を被二仰付一、未進を收納被二仰付一もあり。夫より百姓共耕作に情を入油斷なく作付た
る者ならば、指て未進も有間敷と思召、委細に被...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
長連頼の訴状
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
御訴訟申上候而、左兵衞(元連)に家を讓申度心得御座候故、猥成所は糺明可レ申と存候
。其故新開出分、去秋收納不レ仕候。此吟味孫右衞門並一門共虚妄を仕候。十村迷惑仕躰
御座候。近年孫右衞門一類之外、新開仕候者一人...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
慶寧藩知事に任ぜらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
日慶寧又參朝せしに、勅して從來の秩額現穀十分の一を以てその家祿と定め給へり。是に
於いて藩侯が從前實際收納したる現行高に、元治元年より明治元年に至る五ヶ年間平均の
雜税收納金額を八兩一石の割合に換算したるもの...
第一章 制度法規 第二節 祿制
祿制の混亂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ものありしことの如き、敦れも百姓を苦しめ、祿制を混亂せしむるものにあらざるはなか
りき。一、御改作前御收納方は、御給人衆百姓相對に而、御免相御人々區々に相成り來り
、[吾在所三清村(越中礪波郡)に而も、高免は...