石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
素然
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
元祿十六年牧童・支考合著の草刈笛亦刊行せらる。この書實は支考の撰集にして、牧童は
單にその名を貸せるに過ぎざらんも、牧童の...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の再現
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かくて支考の名聲益籍甚たりしが、彼は正徳元年秋自ら終焉の記を作りて踪跡を晦まし、
故老亦相繼ぎて凋零せしかば、加...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の行脚 宇中
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
北陸に入りし俳人中、その勢力扶植に成功したること芭蕉に次ぐものを、美濃の支考とな
す。白陀羅尼は元祿甲申(寶永元)二月の序文を有するも、内容は元祿十六年の句集なり
と思はるゝが、そ...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
支考と時を同じくして、元祿十六年伊勢の涼莵杖を金澤に曳くや、萬子・北枝・牧童・里
臼・從吾・長緒・八紫等皆...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
北枝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
如く、編中に去來・丈草・正秀・惟然・風國・木節等、蕉門の俊髮を網羅して一大選集を
爲せり。寶永三年三月支考京師に於いて芭蕉の十三回忌を營まんとし、北枝を招請す。時
に北枝は『回祿有レ斷』て參會せざりしこと東山...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
秋の坊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
秋の坊は石川郡鶴來の人とも金澤魚問屋の隱居ともいはる。俳僧となりて卯辰蓮昌寺の別
堂に住めり。支考が獅子物狂の中に、『爰に聞ゆる秋之坊は、一城の人ににくまれて、三
越の人にしたはれしが、』といへるは、...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
從吾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
從吾は金澤の人、名は白尾屋傳右衞門。支考及び北枝と風交最も深厚なり。享保八年に刊
行したる白陀羅尼は支考の著なるも、表面上從吾の選とせられたる...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
牧童
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
息中には牧童に宛てたるものあり、又牧童に傳言を依頼せるものありて、師弟の交情大に
厚かりしを知るべく、支考の牧童傳には『吟席交會此人をしらずといふ人なし。』といへ
ば、亦深く俳諧を愛したるを見る。しかもその穿...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は詳かならず。或は本吉なる北潟屋大睡の婢たりしと傳ふ。この間千代は漸く俳諧に親炙
する所ありしが、その支考の門に入りたるは享保四年十七歳の時にあるものゝ如く、支考
が金澤より美濃の大毫に送りし書簡には、冒頭に...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
美濃伊勢の俳風勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
是等外來詞宗の中、我が俳界拓殖の功の最も偉大なるものは、先づ指を支考と乙由とに屈
すべく、芭蕉の薫陶によりて養成せられたる元祿俳人の凋落したりし後、北陸の斯界に煌
々の光輝...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
兆といひ、句空・萬子・牧童・秋の坊等の俳雄、一時に勒な並べて競進したるもの、何等
の偉觀ぞや。既にして支考・乙由等の足跡を印するや、之が感化を受けて崛起したるもの
に希因と千代尼とあり。共に地方的俳壇のものに...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
萬子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
君舍より白米五斗と、『一に俵ふまへてこせよ年の坂』の句を惠まれたりとのことは、芭
蕉消息集に出でたり。支考も亦萬子を推稱して、我が友にはおそれありと獅子物狂に書き
、又その本朝文鑑には、芭蕉の友に萬子・素堂あ...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
小春
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
不レ少候。』といへるは、亦小春の富裕にして雅趣を味ひ得ざるを戒めたるものと解すべ
く、その亭の有樣は、支考の東西夜話に、『庭のたゝずまゐも物なつかしく、あなたは一
むら竹の其かげに、水鉢の水いと涼し。物數寄な...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
厚爲
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
地氏、名を才右衞門といふ。一號彌子。本朝文選に彼を評して蕉門之英士也といひ、その
俳文讀佛骨表を載す。支考の東西夜話に、江沼郡橘驛の茶店に、『芭蕉門下の行脚人なら
ば、此宿のあるじに案内させて厚爲亭に來れ。』...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
希因
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
通稱綿屋彦右衞門、初號を紀因・幾因又は申石子といひ、所居は暮柳舍と稱す。初め俳諧
を北枝に學び、次いで支考に從ひ、更に轉じて乙由門下の高足となる。而もその才識の非
凡なる、徒らに美濃・伊勢の格調に雷同するを欲...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代傳の疑問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に嫁したりといふことも、一子彌市を擧げたりといふことも、共に頗る疑なき能はず。葢
し十七歳にして、既に支考より無上の推奬を受けたる千代は、その聲名の擧ると共に伉儷
を得るの機會を逸し、俳諧に一生を委ぬべく決心...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
麥水
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
兄歿したるを以て金澤に歸り、甥の後見となりて茶器等を鬻げり。當時麥水俳諧を五五及
び希因に學び、又能く支考の著書を讀破せしが、虚實の論茫漠として捕捉すべからざるを
慊らずとし、乃ち伊勢派の風調を慕ひてその地に...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
大睡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
花・九々翁・三葉庵・山歩人ともいふ。石川郡本吉の産にして、その師承を明らかにせず
といへども、恐らくは支考の感化を受けたる人なるべし。享保十二年四十四歳にして剃髮
し、金澤の郊外桃雲寺萬元に參禪し、後諸國に行...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
すゑ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
『近道はよいこと二つ清水哉』等あり。すゑ、叔父久兵衞を迎へて夫とす。久兵衞は俳號
を桃洞舍之甫といひ、支考の門人なり。
第六章 經濟交通 第四節 交通
手取川の渡舟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
らしむるの時に當りては、旅客の困難到底之を今日より想像すべからざるものありき。元
祿十四年美濃の東花坊支考がこの國に入りたる時、手取川の状を叙して『此川は北國第一
の難所なるが、其見渡しは一里ばかりもあらん、...