石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
外總構の掘鑿
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
受けて名古屋城の經營を助け、篠原一孝を金澤に留守せしめしが、諸士の閑暇多きを見、
乃ち彼等に課して之を掘鑿せしめしなりといふ。外總構は之を二區に分かち、東外總構は
八坂より起り、材木町の西を經、小鳥屋橋より淺...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
坑道掘鑿
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。同日家康は佐渡代官及び甲斐代官を召し、各所屬鑛山坑夫を率ゐて、坑道を藤堂・井伊
・前田三氏の陣地より掘鑿し、城郭の一部を破壞せんことを命じたりき。是を以て藤堂・
井伊の二方面は既に土工に着手せりといへども、...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
内總構の掘鑿
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利家の薨後、慶長四年九月利長大阪より金澤に歸り、幾くもなく越中婦負郡に放鷹せしに
、偶上國に在りては、...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
領内及び金澤城の防禦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に連ねて嚴重なる要害と爲し、大手方面にも亦壘塹と塹濠とを設けたり。獨甚右衞門坂方
面に在りては、塹濠を掘鑿することなかりしといへども、尚懸崖峻坂を有するを以てその
不利を償ふことを得べかりき。その他城を距るこ...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
賣女と頼母子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
遊女の初めて記録に見えたるは元和六年に在り。この時淺野川の下流より新川を掘鑿し、
石川郡宮腰・大野・粟ヶ崎等より直に物貨を城下に運漕し得べからしめ、因りて之を堀川
といひ、その終點...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
水内六左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に住せる十村なり。享保中藩に請ひて同郡徳光・竹松・倉部諸村の海岸砂地を開墾せんと
し、數千間の用水路を掘鑿し、十年を經て功を成すことを得、自村の民を移してこゝに居
住せしむ。藩その功を録して賞を與へんとす。六...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
鹿野源太郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の水路は山中村なる水無山麓を通ぜざるべからざりしが、水無山は即ち山中温泉の源頭に
當るが故に、邑民之を掘鑿せしむるを欲せず、爲に頭強に反對せり。源太郎乃ち慰撫して
纔かに事なからしめ、三年を經たる後明治二年三...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
鞍ヶ嶽金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
工に着手すること能はざりしなるべく、而して利家は翌慶長四年閏三月三日を以て薨じた
りしを以て、實際その掘鑿に從事し得たるは利長の治世に屬し、利長は某年四月四日附の
書状により、定吉が先づ小姓等をして試掘せしめ...