石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作徳平均
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
作徳平均とは、各人の公稱持高同一にして、定納・口米その他の諸掛り隨つて同額なるも
、實際の地積を異にするが爲、親作の卸付米と手取作...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
持高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一村の高は、悉く百姓によりて分割作配せらる。之を持高と稱し、その面積各差あり。
に對して免相に當る額は藩又は給人の收納米とし、その餘は各自の作徳米なり...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
二名高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二名高とは、數人の持高なるを表面上一人の持高たらしめ、又は一人の持高なるを假に人
名を設けて數人の持高なるが如く假裝するもの...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
もいふ者を囑託し、田・畑・屋敷等に竿を用ひて歩數を實測し、田畑には合盛を定め、蔭
場所に至るまで凡べて持高に應じて公平に之を分配するに在り。例へば村高の總計百石な
る時は、之を十個に分割して十石又は十石内外の...
第一章 制度法規 第三節 司法
耳切 鼻切 指切
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子四人、十兵衞の男子五人も亦連座すべかりしが、事情の寛假すべきものありし故にや、
藤兵衞の手指を斷ち、持高を同名百姓に分與し、十兵衞を鼻切に處し、その持高は舊の如
く耕作せしめ、藤兵衞の長子と第四子とは、現場...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
鍬初の申渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十年以後に在りては左記の如くなりき。一、當年早速爲レ致二鍬初一、耕作由斷仕聞敷事
。一、村々百姓中應二持高一人馬所持仕、當年作用意手支有レ之間敷候。例年之通其組裁
許御扶持人等可レ令二吟味一事。一、改作方稼等...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
取高 切高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
他人の賣却する高を購ひて己の持高とするを取高といひ、一に持添高又は取添高と稱する
ことあれども、頭振たる者の初めて高を得たる場合に在り...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高手作 卸作 請作 歩卸 餘米卸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
百姓がその持高たる田畑を、自己・妻子及び雇人の勞働によりて耕作するを手作といひ、
持高全部を手作すると、その幾部分を...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一村内田地の地味に良不良の差を生ずる時は、百姓の持高と收穫との割合不同となるを以
て、之を平均せしむべく各自耕作の田地を割り改むることあり。之を田地割とも...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
品々帳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
各村の高及び免を調査し、百姓人別に持高を記入するものを品々帳と稱す。品々帳とは村
々高免品々帳の略にして、寛文十一年に初り、組裁許の十村その...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五拾六人出作高一、四拾八石瀬戸村百姓家數拾軒人數男女參拾九人高〆百貳石七斗六升右
兩村百姓能州え被レ遣持高高一、百拾武石[山是清分之高、但先規より所々に百姓無二御
座一近在七ヶ村より出作仕來仕候]内七拾八石尾...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
流人となりたる十村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
れ、流刑中壹人に付壹人扶持の外、鹽代・薪代銀二分二厘を給し、その郷里に於ける家財
はこれを妻子に給し、持高は藩の縮高(シマリダカ)となして村方に保管を命ぜしが、翌文
政三年六月二十八日流刑を赦免して各居村に歸...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
士人の絶望と農村の窮乏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して生存者は十一月晦日出獄を許されたるも、翌十年二月下旬再び郡奉行の命によりて家
財を沒收せられ、その持高千二十七石餘は之を藩の締高(シマリダカ)とし、石川郡白川村
の十村役太兵衞以下五人に各二百石餘を別ちて...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
攘夷説と和親説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七匁宛、年限等を以上ゲ金可レ致旨御所置有度事なり。海防手厚なし置給ふは天下萬民の
爲なれば、二箇年百姓持高一石に八分、町方一軒に七匁位の出金は、少分の事なれば難澁
する事なし。速に農兵を海防に用ふる法を取立ら...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
誤傳の出自
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
百廿壹兩壹歩餘一、四文錢千六百六拾貫文一、大豆二千四百石一、小豆五千三百石一、油
二千三百樽一、三ヶ岡持高八萬五千三百石一、有米三萬五千四百石、但八萬千五百俵船具
一、二千五百石積四艘一、千五百石積六艘一、千...
第一章 制度法規 第四節 租税
能美郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
七石八斗一升四合此定納口米八十二石二斗二升二合寺社領高四十一石一斗四升四合此定納
口米百五石十村等御扶持高五十八石九斗三升六合此定納口米殘八萬八千五百六十石六升三
合草高四萬三千二百九十七石四斗四升四合定納口...
第一章 制度法規 第四節 租税
石川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
此定納口米七百五十九石二斗一升一合寺杜領高四百八石六斗五升六合此定納口米百五十八
石八斗五升十村等御扶持高百二十石六斗七升七合此定納口米殘六萬千五百七十五石九斗六
升五合五勺草高三萬四千四百六十五石八升八合定...
第一章 制度法規 第四節 租税
河北郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
斗二升五合此定納口米三萬十九石六斗六升三合寺社領高百六十七石八斗六升七合此定納口
米八十三石十村等御扶持高五十二石七升五合此定納口米殘三萬七千三百一石二斗三升一合
草高二萬千九百七十四石一斗五升七合定納口米内...
第一章 制度法規 第四節 租税
羽咋鹿島二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
升二合此定納口米七百五十石六斗四升三合寺社領高三百九十三石四斗二升八合此定納口米
百六石五斗十村等御扶持高六十一石八斗八升三合此定納口米殘四萬三千六百四十八石九斗
一升三合草高二萬二千四百三十八石九斗一升三合...
第一章 制度法規 第四節 租税
鳳至珠洲二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高六千六百二十五石四斗一升七合此定納口米五百五石寺社領高三百一石三斗九升六合此定
納口米百石十村等御扶持高六十五石一斗三升五合此定納口米殘八萬五千六百一石九斗五升
三合草高四萬八千五百五十二石八斗四合定納口米...