石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第二節 祿制
扶持米 切米 下行米 扶持方 合力米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
食祿の種類には、土地を以て交附する知行の外に、扶持米及び切米あり。扶持米は平士及
び平士並の一部・町人等に之を與へられ、何人扶持と稱し、その一人扶持は一日...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
本納 扶持米支給
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十月朔日知行取の士に、殘餘半額の收納米を下附せらる。之を本納と稱す。この日本納相
場定まる。二日扶持米取の者に、十月朔日より明年正月晦日までの扶持米を支給せらる。
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
慶寧藩知事に任ぜらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
取調可二申出一事。但、重立候職員者人撰可二相伺一事。一、藩士兵卒員數取調可二申出
一事。但、從前之祿並扶持米遣居候人員並高取調可二申出一事。一、社寺領其外從前祿・
扶持米等遣居候人員並高取調可二申出一事。一、現...
第一章 制度法規 第四節 租税
役銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
する役銀といふは、傳馬役銀・本町木戸等普請入用・上使宿普請料・横目肝煎傳馬肝煎等
扶持銀・町會所牢番人扶持米等諸種の費用を含み、毎年觀音院に奉納せらるゝ神事能の費
用も、亦この役銀中より支出せらる。神事能の當日...
第一章 制度法規 第四節 租税
地子役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
並能入用、本町木戸等普請入用、町役者等町役余荷、上使宿普請料、横目肝煎傳馬肝煎等
扶持銀、町會所牢番人扶持米等、其外往來通行之騨人足銀等、都而驛役に拘り候入用銀に
拂申候。此請拂之儀者、於二町會所横目肝煎主付一...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
扶持米支給
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二月二日、藩より扶持米を受くる者に、二月朔日より九月晦日に至る八ヶ月分を給せらる
。この日武佐廣濟寺の寶物觀覽を許す。
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
村肝煎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ず、資産も持高二石以上たらざるべからず。而してその俸給は、一村中より余荷(ヨナヒ)
として徴收する肝煎扶持米による。肝煎扶持米は一時給米ともいひしが、安永四年より之
を復舊せり。村肝煎の選任は、頭振を除きたる全...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
士人の困窮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ば貢租の納入を怠りて未進に終らしめ、その收穫を私せんと欲するものありき。又藩の制
によれば、給人にして扶持米・切米を食むものは、固より藩の倉廩に藏する現米を以て支
給せらるといへども、その他は祿高の多少に拘らず...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
養老の制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
翌十年綱紀又養老の制を布き、庶民齡九十歳に達するときは、資産の貧富に拘らず之に
持米を給し、以てその天壽を全からしむると共に、子孫をして孝養を盡くすに遺憾なから
しめき。この制後世の龜鑑...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
黒羽織黨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
似合ひの役を立、三にさま〲仕法立、四に下々困窮し、五に御荷物賃なしに、江戸の屋敷
へやられたり、火消の扶持米減さうとした。六つ厩の豆をしみ、七つ何やら長詮議、八つ
役人穴さがし、九つ乞食を出さうとした(非人小屋...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
版籍奉還の出願
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
萬貳百參拾六石七斗參升壹合五勺壹才廢田引高九拾參萬四千五百五拾四石餘家中知行高八
千貳百八拾六人扶持同扶持米高拾五萬八千九百參拾七俵、但五斗俵同切米高惣戸數貳拾貳
萬四千九百四拾參軒惣人員百七萬六千參百拾七人、...
第一章 制度法規 第二節 祿制
俸祿の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、下は仲間・小者の賤に至るまで、皆その俸祿を受けざることなく、而して俸祿の種類に
知行あり、切米あり、扶持米あり、合力米ありて、或は實際收納の表高(オモテ)と等しか
らざるものあり、或は全然同一なるものあり。そ...
第一章 制度法規 第四節 租税
村萬雜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る時は高方より余荷とするが如し。第五は高懸りと家懸りとの兩者に歩合を以て課するも
のにして、例へば肝煎扶持米を高懸りに三の二家懸りに三の一とし、村走りの給米は、頭
振りより一戸二升當を出さしめ、その殘餘を高懸り...
第一章 制度法規 第四節 租税
役銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は、役小者一人の外に銀を以てす。即ち百石に付銀七十四匁三分四厘の比例を以て計算し
たる内、役小者一人の扶持米給銀を引去りたる餘剩を銀にて上納するものにして、之を人
役銀役と稱す。知行千五百石に上る時は、杖突足輕...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るを八挺に減ぜられたるを以て知るべきなり。たゞ藩末の待遇が文政の頃と異なりしは、
その數量は不明なるも扶持米・切米代り銀の外に町會所よりも合力銀を受けたる點に在る
が如く、而して金澤藩治の後順次これ等の待遇を停...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
加賀後藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。こゝに於いて本系斷絶せしが如し。是より先、前田利長の高岡に退隱せし時、清永の子
市右衞門清重を召し、扶持米を與へて細工に從事せしめしが、後金澤に移り寛文四年二月
歿す。清重の嫡子廣清は、初名を七兵衞といひ後に...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
井肝煎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
頭又は長(オトナ)百姓中より選定せられ、下流村役人同意の願書を提出して改作奉行の認
可を受く。井肝煎の扶持米は、流域の諸村より水の當り高に比例して徴收す。