石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
奉還を許さる。是に於いて金澤藩は刀工に切米代り銀を與ふることを止め、三年更に合力
銀を廢すると共にその扶持方を減少し、四年七月廢藩置縣に至りて殘餘の扶持方をも停止
せること、明治四年十二月清次郎清光等が金澤縣に...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
平士並たりし者の現石算出法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
分知に結込可レ申事。一、與力・同心一歩免定納口米は、自分知之定納口米に引足、改革
給祿高割減之事。一、扶持方は一人扶持壹石八斗圖り、及切米は凡而四ツ免定納口米を以
知行に圖り直し、三の一加州免・三の二能越免に而...
第一章 制度法規 第二節 祿制
扶持米 切米 下行米 扶持方 合力米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
と性質を異にするは、前者が世祿たるに反し、後者は原則として一年毎に繼續する點に在
り。因に言ふ、等しく扶持方と稱するも、食祿の扶持と同じからず、別に江戸・京・大坂
などの詰人、又は領國内を巡廻する者に支給せらる...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
諸橋大夫と波吉大夫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。高徳院(利家)樣御代天正十二年被二召出一、苗字波寄にて能方相勤申候。瑞龍院(利
長)樣御代慶長七年御扶持方被レ下、佐藤作左衞門上地の所拜領被二仰付一。其上拜領地
續に地子地御座候、是をも御扶持方の内に被レ爲レ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
府庫の匱乏と儉約勵行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年寄中并會所御役人共より万端嚴重勘辨之儀及二示談一候へども、御拂方等必至とつかへ
申候。此上は、江戸御扶持方の割を減じ申外無二御座一候よし相伺(綱紀)候所、年寄共
のくせにて良(ヤ)もいたし候へば御扶持方減少且...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
内藤好次の歸朝説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
罷在候へども、勝手不如意に付奉レ願、能州羽咋郡荻谷村に在郷仕、延寳元年病死仕候。
右子孫代々荻谷村え御扶持方被レ下罷在、當時内藤彌三郎と申、右村に居住仕候。彌三郎
儀組外に御座候。〔袖裏雜記〕
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
大阪夏陣之覺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
代)より鞍輪に付申候。一手之組頭は辨當爲レ持候得共、先は鞍輪に飯米付候事。一、大
坂御陣之内公儀より御扶持方相渡り、御家よりは早見十太夫と申者請取に被レ遣由に御座
候。道中其外御對陣中者無二御構一、三日分之圖り...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
能役者の保護
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
扶持同下三人扶持地謠上五人扶持同中三人扶持同下二人扶持兼藝未練之者銀子是又以二別
儀一召出、仕習内爲二扶持方一、代或五枚或三枚或二枚遣レ之。一、細工方於二難レ勤之
者一可レ放二扶持一。但兼藝宜敷に付而其儘召置族...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
笠間御内々を以申上候趣を以、大槻一人の意得を以取唀候。依レ之獅子之御土藏へ手を付
、微妙公の御時に他國扶持方用銀と包紙に爲二御記一置候朱封銀をも、大半に爲二御取出
一候而大坂表え被レ遣候。[松雲公は在位八十年之...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
享保の貸銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
き、その定納及び口米を貸銀奉行に納附せしむることゝし、切米取に在りては米五十俵を
知行六十石に換算し、扶持方に在りては十人扶持を知行四十五石に換算し、又知行取と同
一割合の除知を設定して返濟の資に宛てしめたりき...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
野口斧吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
編修に從事し、三十一年三月二十二日歿す、年六十九。この日特旨を以て從六位に叙せら
る。横山三左衞門家來扶持方給人野口斧吉右斧吉儀、浪士輩同樣、固陋過激の説を以て同
志申合、御國事向周旋の示談に知り、且つ與力福岡...
第六章 大聖寺藩治一斑
利章の晩年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
茂無レ之、眞源院(利昌)殿分知茂被二返下一候間、諸事心安、勝手可二相調一儀候處、
存之外在江戸家來共之扶持方さへ相滯、世間取沙汰茂不レ宜事、其許役人共諸事申付樣油
斷千萬候條、此方(加賀藩)より當分役人共遣置、...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
三ヶ日一家内の年賀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
例とす。この際に於ける主人の服裝は熨斗目・麻上下を用ひ、家來・給人も亦之に同じと
いへども、家格により扶持方の者にありては熨斗目を用ひざるも無きにあらず。醫師は熨
斗目・十徳を、中小姓・小姓は服紗小袖を着く。町...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
物吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御新宅御養子御婚禮御前髮御角入御男子御誕生御袴着同斷勸進年頭五節句盆暮兩度御祭禮
氷室朔日八朔町家等御扶持方家賣買新宅附土藏縁組法事役祀鑑板祀男子誕生前髮角入養子
婚禮袴着隠居讓り替愼御宥同斷勸進年頭吉祝五節句...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
吹貫銀今極印銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
新秘策中寛保三年十月の條に、大槻朝元の奸惡を記して、彼が獅子の土藏を開きて、利常
の時その包裝に、他國扶持方用銀と書して貯へたる朱封銀の大半を、大坂に輸送したるこ
とを摘發し、且つこの朱封銀の精良なること、現今...