石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
外船の警戒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
以て、八月二十九日加賀藩は津田修理正直を能登に派して警備の法を講ぜしめ、嘉永元年
八月八日には齊泰自ら打木濱に趣き、初めて大炮の發射を檢閲せり。當時英米の船舶往々
我が近海に來るものありしが、能登の沖合に亦船影...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
鼓舞策勵相繼ぐ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は、實にこれ政を行ふものゝ要務に非ずや。諸奉行能く余の意を體し、心を盡くして存恤
せよと。この日石川郡打木濱に大炮發射の演習を行ひしに、慶寧は臨みてその状を見、十
九日には藩臣佐野鼎に西洋の兵書を講ぜしめて近習...