石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
利家戰捷を秀吉に報ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
末森役の開始するや、利家は十一日を以て第一報を上國に致しゝが、尋いで十三日に至り
詳かに戰捷の状を秀吉に具申し、その獲たる敵將の首級を献じたりき。この文中に、七尾
に在りし前田安勝が、成政の敗退...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長の戰捷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
馬に命じて火を縱たしめ、次いで城中に入りて敵の首級を檢するに五百四十四顆を算せり
。因りて書を裁して、戰捷を金澤の留守高畠定吉に報ず。後利長は假に篠原一孝を本丸に
、加藤宗兵衞・有賀直政を二ノ丸に置きて守らし...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
秀吉の返書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秀吉は十六日書を裁して、利家の戰捷を得たるを賀せり。この書又秀吉軍の尾張に於ける
軍状を報じ、丹羽長秀が本月二十日の頃を以て領邑越前に歸...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
祈禱と戒嚴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かにすべき資料を得ずといへども、利常夫人が侯の安否を憂へ、用人興津内記を越中の埴
生八幡宮に詣でしめて戰捷を祈願し、社人をして護符を上らしめたる事あるが如きは、之
を文書に徴して知るを得べし。又戰時中各地に戍...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
石川重之前田軍に混じて戰ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
罪に座して、その秩祿を浸收せられ、洛東に閑棲して餘生を送れり。丈山即ち是なり。是
の日利常書を裁して、戰捷を金澤に報ず。急度申遣候。今日[七日]大坂表へ御人數を被
レ寄、將軍樣御先手我々に被二仰付一候に付て、...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の杉澤文納人面の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
が國數門あるに過ぎざりし良器なり。この日東征大總督府は軍監木呂子元孝を越後に遣は
し、書を諸藩に下して戰捷を賞せり。二十九日朝小川隊は文納を發し下樫出村に至力、原
村を過ぎて金澤村に休憩せしが、この附近尚敵地...