石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第一節 職制
平士
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
所道具渡奉行割場道具渡奉行遠所諸奉行諸役宮腰町奉行小松町奉行所口町奉行魚津町奉行
高岡町奉行境奉行加州御郡奉行礪波射水御郡奉行新川御郡奉行能州御郡奉行宮腰御詰米奉
行本吉湊裁許宇出津山奉行吉久御詰米奉行新庄金山裁...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作奉行の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二人を増し、元祿に至りて十人と成り、爾來連綿として變ずることなかりき。然るに文政
四年の改革によりて、御郡奉行と改作奉行との職務を混じ、郡奉行改作方兼帶の名義とな
し、石川・河北二郡以外の各郡に出役所を設け、專ら...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
五箇山配流
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
歩横目二人・御歩一人・足輕三人・小者二人指添、祖山村迄何も罷越、縮所へ入候迄見屆
、廿一日罷歸。右之外御郡奉行も一人罷越。縮所は九尺四方、番人は所之者二人被二召抱
一、三町許脇に番小屋懸り、食事は右番人認レ之爲レ...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
天保の徳政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
依而無レ據節は、頭・支配人奧書之證文を以借用之筈に候事。右之趣得二其意一、夫々申
渡候。所々町奉行等並御郡奉行等え可レ被二申談一候事。酉七月(天保八年)〔天保八年
御仕法留〕○大學のもじり飢饉に付簡略衆議評議或亭...
第一章 制度法規 第三節 司法
流刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小代官並足輕相添、島之内著船之上裁許之十村に相渡申候。五ヶ山へ被レ遣候者は、駕籠
之渡場に而礪波・射水御郡奉行迄相渡恨事。但、平士以上は、途中駕籠に被レ乘、御歩兩
人・足輕・小者指添申候。與力等以下は馬に爲レ乘、...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
天保の復元令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
儀も、御扶持人・平十村共先づ只今迄之通被二成置一候條、彌諸事無禮緩態(怠)之族無
レ之樣嚴重申渡候樣、御郡奉行・改作奉行え可レ被二申談一候事。亥正月(天保十年)〔
勸農秘録〕
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
收納方簿册の秘密
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・免等に關する改作所の帳簿及び繪圖は、凡べて秘密とせられ他見を許さゞること、御定
書に『御收納方之儀は御郡奉行に爲レ構申間敷候。』といへるが如く、郡奉行にして尚且
つ然りとせば當局以外他の之を窺知すべからざること...