石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第四節 林業
七木の制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二越度一者也。元和二年七月二日印(利常)三輪藤兵衞大井久兵衞〔慶長以來御定書〕○
石川・河北兩郡松山並御林之竹木縮之儀被二仰出一候條、折々山を廻り、無二由斷一樣に
可二申付一事。一、松山御林之竹木、手寄之在々...
第五章 殖産製造 第四節 林業
藩有林
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
凡そ山林中藩有に屬するものは之を御林と稱す。能登に在りては寛文中舊七尾城跡・末森
城跡及び各村の論地となれるもの等十五ヶ所を選びて鎌留御林...
第五章 殖産製造 第四節 林業
民有林
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩の民有林は凡べて之を百姓持山と稱し、その林況の良好なるものを選定して准藩有
林即ち御林格とす。能登に在りて享和元年以前字附百姓持山又は字附御林山と稱したるも
の是にして、その多くは松林を有...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
山林の下苅特許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を謀るに至りたりき。寶永三年四月十村等の書上に、『金澤刀鍛冶共年々困窮致し及二迷
惑一に付、河北郡菱池御林、上山・北袋・市ノ瀬御林、小竹御林、田屋御林下刈被二仰付
一、御役銀毎歳可二指上一旨相願。依レ兼之若・...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
御林新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御林新開とは、現に藩有林として指定せらるゝ地の新開を出願するものをいふ。蓋し御林
中には、單にその名のみ存...
第五章 殖産製造 第四節 林業
御林山設定の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
抑加賀藩の御林を設定養成したる目的は、一に藩自身の用途に供するにありて、之を伐採
使用するは、主として城郭その他の藩...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
論地境界の裁決
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
口書出レ之。今時雖レ離二社領一、村附之山林たる證跡於レ無レ之者、山林之地元は可レ
屬二社領一。其上山内御林改ニ、平泉寺役僧立合令二印形一、所々堂社室跡多相見に付、
北之方宮谷峰通、夫より西之方加持谷峰通迄、地...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
御藪新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御藪新開も亦御林新開に同じく、その許可の手續を愼重にせらる。これ村方に箆竹藪など
の存する時は、御射手たる藩吏の屢巡廻...