石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第四節 林業
藩有林
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一般領内と同じく、能登にも亦享和以降林勢の藩有とするに不適當となれるものを廢して
新たに一ヶ村一ヶ所の御林山を選定することを命ぜられしも、時將に藩末に屬してその果
して實施せられしや否やは疑問なり。加賀に在りて...
第五章 殖産製造 第四節 林業
御林山設定の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
抑加賀藩の御林を設定養成したる目的は、一に藩自身の用途に供するにありて、之を伐採
使用するは、主として...
第五章 殖産製造 第四節 林業
民有林
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その林況の良好なるものを選定して准藩有林即ち御林格とす。能登に在りて享和元年以前
字附百姓持山又は字附御林山と稱したるもの是にして、その多くは松林を有し、又は栗そ
の他の雜木を混生せり。同年一ヶ村一ヶ所の字附山...