石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
無組御扶持人十村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又無組御扶持人十村といふ者あり。御扶持人十村にして、配下の組を有せざるものをいふ
。寛文元年山本清三郎等四人の改作奉行た...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
平十村 十村並 十村列
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
無組御扶持人十村御扶持人十村にあらざるものは、之を平十村と稱す。又無組御扶持人
十村並・御扶持人十村並・平十村並とい...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
代官
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るべき筈なりといへども、定納米一口毎に端數を去る時は代官帳一册を取扱ふ實收入は六
石四斗餘となり、無組御扶持人十村・無組御扶持人十村並に代官帳五册を、御扶持人十村
御扶持人十村並は代官帳四册を、平十村及び平十村並に...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
御扶持人十村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加越能三國の十村中約二十人は、承應二年より萬治元年に至る間に初めて藩より扶持を支
給せられき。御扶持人十村又は單に御扶持人といふもの是なり。是より先前田利家の時、
能登熊來村の太右衞門・相神村の孫六・大澤村の...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
十村の廢止と復活
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
所屬たらしめき。前に言へるが如く、改作奉行を廢して盡く郡奉行たらしめしもこの時の
事にして、從來の無組御扶持人十村御扶持人十村とは之を惣年寄と稱し、平十村は之を
年寄並といひて、並びに郡奉行を輔佐せしめ、而して從來...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
檢地の手續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り意見を附して御用番の年寄に達し、御用番の承認を經たる時は算用場より定檢地奉行に
下命す。この際他郡の御扶持人十村二人を選定して定檢地奉行に附屬せしめ、畑の折を定
むる等の任務に服せしむ。折役といふ者是なり。改作奉行...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
舊十村の復活と農吏制の改革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に倣ひ、これが結果として三月十五日彼等を歸役せしめ、舊習を改めて勵精職に盡くすべ
きを諭せり。七月無組御扶持人十村御扶持人十村を惣年寄といひ、平十村を年寄並と稱
し、惣年寄・年寄並は農民を支配するものにあらずして、...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
十村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るべき器量ある者なき時は、他郡出身のものを赴任せしむることあり。之を引越十村と稱
す。十村の階級には、御扶持人十村・無組御扶持人十村・平十村等の別あり。能登口郡十
村肝煎任命書鹿島郡越路村藤井藤七郎氏藏能登口郡十村肝...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
天保の復元令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御算用場奉行え無組御扶持人十村。同並。同列。御扶持人十村。同並。同列。右苗字爲二
名乘一可レ申候。平十村。同並。同列。右苗字名乘らせ...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
手代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
付と稱するは御算用場内なる御郡所に附屬するものたるが故なり。場付手代の石川・河北
二郡に屬するものは、御扶持人十村以下平十村に至るまで皆各一人を出し、某村何某手代
と稱してその組の諸事を掌り、石川・河北以外の遠郡に屬...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
畑直新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
開墾して田地とするをいひ、居村の者たると他村の者たるとに論なく之を出願するものあ
る時は、地元の百姓・御扶持人十村・組裁許の十村・新田裁許等立會ひ、灌漑排水等に關
する調査を爲し、然る後之を許可せらる。この際若し地元...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
貧村御仕立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
以後に在りては、延寶年間越中新川郡の貧村を仕立てしことあり。かくの如き村方を世に
改作村といひ、統督の御扶持人十村を改作支配と稱す。寶暦以降村方殊に困窮し、手餘り
高といひて土地あるも耕作し得ざるものすらあるに至りし...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
輕吏の態度
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
斷行し、不幸にして發見せらるゝに至れば賄賂を以て罪を免るゝの手段を取れり。されば
安永七八年の交、無組御扶持人十村たりし澤村の源治は、農民の窮状を憐み、郡中より年
々銀三貫五百目の運上を藩に納れ、以て垣根及び畦畔に生...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
米穀缺乏の補填と甘藷栽培
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
之を栽培することなかりしが如く思はる。然るに天保中に及びて能登に甘藷ありしは、同
七年越中新川郡の無組御扶持人十村並寳田奈兵衞敬がその地を旅行して著せる能州日暦に
よりて見るべく、而して越中には未だこれを有せざりしな...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
參覲延期と復元御潤色
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せざる所なり。卿等この意を以て偏く配下に告げよと。この月、文政四年農用を郡奉行の
直轄としたるを改め、御扶持人十村・平十村等の農吏を任じて彼等を率ゐしめき。蓋し舊
制を復したるものにして、時人之を復元御潤色といへり。...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
本檢地と内檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は檢地を出願することを得と布告し、礪波郡西明村等四ヶ村が之を請ひたるときにも尚本
檢地を行ふことなく、御扶持人十村出張して内檢地を行ひ、西明村に引免を許して高を減
少したると同一効果たらしめ、他の三ヶ村は地元甚だしく...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改作法の執行は、前田綱紀の施政を攝行したる利常によりて慶安四年より着手せられ、伊
藤内膳等を奉行とし、御扶持人十村等を小松城内に延きて事務を執らしめ、明暦二年に至
りて略成功せるものなり。その法、米穀の産額増大を以て...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作法申渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改作奉行の最も主要なる職務は農事を勸奬するに在り。是を以て毎年正月十七日、恒例と
して諸郡の御扶持人十村以下を金澤に召集し、御算用場に於いて改作法の要領を口達す。
この日改作奉行は、算用場奉行及び横目と共に...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
鍬初の申渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
改作法の申渡終りたる後、改作奉行は諸郡首座の御扶持人十村を改作所に召喚し、鍬初の
書面を下附す。この事寛文四年に初り、その文また時によりて同じからずといへども...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
鍬役米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
組裁許の十村、即ち平十村及び御扶持人十村の職務に附隨する所得は鍬役米なり。鍬役米
とは、組下の男子十五歳より六十歳に至る者一人に付米二升を徴收...