石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
内通者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
左衞門依レ罪可レ爲二殺害一者に候へ共、長左衞門儀先達而致二病死一、其上彼是御大赦
之御時節に付死刑一等御宥免、五箇山之内え流刑。但七之助儀は幼少に候間一類え被二預
置一、及二十五歳一候者可レ及レ斷旨可レ被二申渡...
第一章 制度法規 第三節 司法
最早御宥免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又全くその罪を論ぜすして放免することあり、之を最早御宥免と稱す。假令ば、缺落人の
郷里に復歸したるを、父母兄弟より屆出でざりし如き輕微の犯罪者を、禁牢に處すべ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
一柳直興の禁錮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
レ申覺無レ之儀に候處、其仕形御預人に相應したる儀感じ入申事と申候。〔中村典膳筆記
松雲公夜話〕○數年立御宥免之儀戸田山城守(忠昌)殿へ被(綱紀)二仰達一候處、あの
不屆者無二藥袋一ものに候などゝ御申候て、中々御...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
遊廓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。仍レ之場所之儀、上筋は石坂町邊、下筋は卯辰茶屋町邊へ振分可二申付一候條、是迄内
々右宿仕候者共、舊惡御宥免を以茶屋商賣可二申付一候間、委細之儀は懸り役人まで承合
可レ申候。尤右之通り御差解之上は、以後外場所に...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩王師の先鋒たらんと請ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
納言(齊泰)申譯之ため先謹愼申付、家來共不行屆之族夫々嚴重處置申付、朝幕え中納言
より厚御詫申上、追て御宥免被二成下一候。將又舊臘出京仕候即日大政御一新被二仰付一
候折柄、慶喜之麾下曁會桑二藩暴擧も難レ計、慶喜...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
紙幣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
被二仰付一候。但、右之族有レ之及二見聞一候者、早速可二訴出一候。假令雖レ爲二同類
一、訴人に罷出候者は御宥免被レ成、其上御褒美可レ被レ下候。一、札座え正銀百目致二
持參一引替者えは、銀札百目五分可二相渡一候。正...