石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第三節 市場
米穀賣買の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
窮乏により、半納期に至るときは直に收納米の殆ど全部を賣出すの慣習を存したるが故な
り。之に加ふるに藩は御召米と稱して、半納初日より三日間に亙り、時價よりも若干の増
歩をなして、小祿給人の拂米切手七八萬石乃至十萬...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
御召米徴收
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
陷を填補せんが爲に採れる畫策は、その窮境に達すると共に頗る辛辣を極め、文政八年七
月に於いては民間より御召米を徴收するの法を實行したりき。こは藩用の名を以て現穀を
買上げ、之を大坂に輸出して利鞘を所得せんとする...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
御用金徴收
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
銅をたもとへ入、井戸え身を投じて死ぬ。粟ヶ崎村木屋藤右衞門が上納銀高は四百五十貫
也。此老先きに記せし御召米切手只取上之憂深かりしとの事に而、多くの損分家の盛衰に
懸ればとて、家計評する事大方ならず。然るに同じ...