石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
御前岳及び別山平泉寺の管轄に歸す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是に於いて御前岳及び別山は全く平泉寺の管轄に歸し、神祠の散錢はいふまでもなく、室
堂の使用料・一ノ瀬の湯税等皆その收入...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府の裁決
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
隨ひ、嶺上神祠の遷宮に關しては、二社を天台方、一社を眞言方にて勤むべき裁許を與へ
たりき。二社とは即ち御前岳と別山とにして、天台方たる比叡山・越前平泉寺及び牛首・
風嵐村民の奉仕する所とし、一社とは即ち大汝岳に...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
牛首風嵐村民と平泉寺との爭論
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、五に相排擠して神祠を獨自の支配に屬せしめんと努力せしが、幕府は共に之を許さゞり
き。次いで享保九年、御前岳の別當室雷火に罹りて燒失せし時にも、平泉寺の之を再造せ
んとする出願は幕府の顧みる所とならず。この際牛...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
平泉寺と尾添及び石徹白との爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しが故に、大汝岳が尾添村民の支配たることは確乎不拔の事實なりと信じたりしなり。然
るに近時幕府によりて御前岳及び別山の管理權を保護せられたる平泉寺は、更に進んで三
峰悉くその掌中に歸せしめんことを欲したるが如く...