石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
横山長知の復仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に來り謁し、復前田氏に臣事せんことを請へり。利常之を容れ、長知を金澤に留守せしめ
、康玄と長治とをして從軍せしめき。長知は初名を三郎といひ、後大膳と改む。永祿中美
濃國直江郷に生まれ、年十五の時父半喜長隆と共...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
朝廷の賞賜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
戰役の尚酣なりし時、朝廷物を賜ひて從軍將士の勞を犒ひ給ひしこと數次。七月在京の加
賀藩臣を召し、彼等が常に藩侯を輔けて軍務に鞅掌したるを賞し...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の九洲征討と利長の從軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
天正十四年十二月秀吉太政大臣に任ぜられ、氏を豐臣と賜はり、又鎭西の雄島津義久を征
するの勅許を得たるを...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の關東征伐と利家利長の從軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是に至りて四海の内、秀吉の命に服せざるもの、唯小田原の北條氏直、米澤の伊達政宗以
下東北の數侯伯ありし...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
前田利政の末路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、『加賀前田孫四郎(利政)敵の約有とて、兄のうつたへ有レ之、牢人也。』といへども
、事實は利長が利政の從軍せざりしことを報告せるまでにして、よもその同胞を敵に内通
せりとは彈劾せざりしなるべし。加賀藩史稾に據...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
島原の亂と加賀藩
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
要なしとて許さゞりき。是を以て加賀藩は、山崎小右衞門に持筒足輕武部久左衞門・堀江
加左衞門二人を添へて從軍せしめたるに止り、十五年二月島原城陷るの日、久左衞門奮戰
して賊の首級を獲しかば、藩は功を賞して祿百石...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
再度の出陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一吉を高岡に、津田義忠を富山に、三輪吉宗・大井直泰を七尾に置き、十八日金澤を發し
て出征の途に上れり。從軍の將士一萬五千と稱す。二十六日利常軍令十五條を定めて之を
各部隊に別つ。その文前役に於けるものと少差あ...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
將士の行賞と戰死者の供養
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
入朝し、八月十五日を以て京師より藩に歸り、諸將士の功を論じ賞を行ひたりしが、元和
三年三月に至り重ねて從軍者の勞を慰めて陪隸の末に及び、四年正月には祠堂を寳圓寺に
設け、七月十日米百石を寄進し、商人越前屋孫兵...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
横山康玄の辯解
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
當に之を鞫問すべし。世襲藩臣の子弟の如きは、毫も論ずるを要せざるにあらずやと。利
勝又問ふ。然らば大阪從軍の士を再び賞したるは何の故ぞや。對へて曰く、往年大阪の役
起るや、加賀侯年齒尚弱くして政務に慣れず、爲...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
野口斧吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
話筆記によりて知るべし。斧吉明治元年三月廿三日大赦令によりて罪を宥され、同年北越
戰爭に藩の探偵として從軍し、二年正月士籍に登庸せらる。後文部・司法二省の屬官を經
、晩年前田侯爵家の編修に從事し、三十一年三月...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩の努力
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は必要以上の酷薄を敢へてしたるを見るに及び、加賀藩の幕府を信頼するの念漸く薄から
ざるを得ざりき。南越從軍の我が將帥が屢幕吏に論難抗辯し、監軍附屬の士石黒堅三郎の
手記に彼等を目して奸吏と書したる如きは、皆こ...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
齊泰の豹變せる理由
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なり。而も齊泰の意見竟に行はれずして、幕府は長藩再征の兵を出すに至りしが、加賀藩
は前役に於けるが如く從軍の命を受くることなかりき。是を以て齊泰の態度は、恰も幕府
の行動に反抗するが如き外觀を呈したりといへど...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この役加賀藩の從軍者にして戰歿せるもの百名を超えたり。その交名は左の如し。津田玄
蕃家臣松枝十之丞福直四十二歳司令役七月...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上るやを知るべからず。是を以て、藩侯東覲の際、上下の列中に在るもの二千人に近しと
いひ、明治戊辰の役に從軍したるもの七千數百人を算したるも、所謂三品以上の之に參加
したるは十中の二三に過ぎず。且つ夫れ士人の食...
第一章 制度法規 第一節 職制
安永の軍役改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見る。今その一例を擧げんに、自分知二百石の士に在りては、上下七人・人夫三人・夫馬
一疋・口取一人を以て從軍するを法とし、若しこの士にして別に役料知百五十石を受くる
ものならんには、この職俸に對する軍役として、...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
瀬尾健造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の士小川幸三と同じくし、藩吏の監視を受くること頗る嚴、僅かに連座の罪を免れ得たる
のみ。維新の後北越に從軍し、柏崎縣に召されて三條民政局租税方となり、次いで金澤藩
民政寮書吏となり、史生に進み、學制の擴張せら...