石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
從吾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
從吾は金澤の人、名は白尾屋傳右衞門。支考及び北枝と風交最も深厚なり。享保八年に刊
行したる白陀羅尼は支考の...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
素然
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
俗飄逸を賞讃し、以て蕉門の老骨を飜弄せる支考獨得の手腕を見るべきなり。翌寶永元年
、支考又加越に遊び、從吾を輔けて白陀羅尼を撰ぜしめ、又金澤養智院の僧素然と共に御
靈夢俳諧を興行せり。後者は、前住隆元阿闍梨能...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
芭蕪歿後の追悼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
雨』の句を捧げ、歸郷の後追悼の吟を集め、翌年之を刊行して喪の名殘といひ、十三回忌
には、金澤にて北枝・從吾・秋之坊・牧童・長緒等、小松には塵生・宇中・夕市・湫喧・
彳人等、大聖寺にては野睡・關雪・里楊・長水・...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
支考と時を同じくして、元祿十六年伊勢の涼莵杖を金澤に曳くや、萬子・北枝・牧童・里
臼・從吾・長緒・八紫等皆之と交り、同國の乙由も來り會せり。既にして涼菟は乙由と相
携へて山中に赴き、厚爲・桃妖...