石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
田村權左右衞門と後藤才次郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
居士、田村權十郎父』とあるものにあらずやと想像せらるゝも、藩外に派遣せられて陶法
を學びたりとせらるゝ後藤才次郎の何人なりやに就きては、未だ多く研究せられたること
を聞かず。葢し大聖寺藩寛永十九年の分限帳によれば、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
諸書の古九谷燒に關する記事
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大機公(前田利明)御代に、後藤才次郎を肥前の唐津え被レ遣、陶を御ならはせ被レ成。
妻子不レ持者にて傳受せず。仍て唐津に於て妻子持、傳受の後...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
後藤才次郎の製陶傳習説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
後藤才次郎が製陶を傳習せん爲、有田に赴きたりとするは、近時に於ける最も普通の説な
りといへども、亦頗る疑ふべきも...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀座及び吹座の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
用助・矢田主計の二人は銀位を劣等ならしめたるを以て、共に三年間の蟄居を命ぜられ、
銀座・吹座の職務は、後藤才次郎・金屋彦四郎二人をして之を掌らしめき。用助と主計と
の刑期滿つるや、藩は更に過怠として犀川・淺野川兩大...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷燒の發祥地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
する所なるが故に、是より以前に成れるものたるを知るべし。明治中に成れる九谷陶器沿
革略等亦之を踏襲す。後藤才次郎陶場。九谷川向、市ノ谷へ行く道の山下なり。此所才次
郎住居跡あり。窯場の跡といふ所に、燒物の欠多あり。...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
吸坂燒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
之に反するものは、吸坂燒を以て、吸坂の土を用ひ、古九谷窯に於いて燒成せる一種の陶
器なりとし、古説に、後藤才次郎嘗て九谷村に赴かんとして吸坂を經たるが、路傍に良質
の陶土あるを發見し、之を九谷に送りて製陶せしに、果...
第四章 美術工藝 第八節 鏤工
加賀後藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十八年なるべしとせらる。今白山比咩神社に藏する眞柄の大太刀の裝具に、寛永五戊辰暦
十一月吉日加州金澤住後藤才次郎吉定と鐫せるは、即ち彼の作なり。吉定の子才次郎定次
は大聖寺藩分立の頃出でゝ之に仕ふ。是を以て吉定は兄...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
九谷金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
出したることありといひ傳へたり。』といへり。この後藤は同書に、『九谷川の向ひ、市
の谷へ行道の山下に、後藤才次郎陶場(ヤキモノバ)といふ所あり。』と記したるものゝこ
となるべく、彼に關しては本編陶磁の條に言へるが如...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
吹貫銀今極印銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に言へる淺野屋次郎兵衞は、同家第三世にして法號を宗古といひしものとし、金屋彦四郎
は第四世吉惠にして、後藤才次郎は初代吉定なり。次郎兵衞等の銀座たりし元和・寛永の
頃は、領内諸鑛山に於ける金銀の産出最も多額なる時に...