石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第三節 市場
後刻證文運用法の二
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り受取りたる後、銀仲に交渉して銀主たるべきものを求めしむ。而して銀仲の銀主を求め
得たる時は、先づ自ら後刻證文を發行して銀主に差入れ、その借り受けたる銀子を米仲買
に交付す。米仲買が銀仲の仲介によりて銀主より銀子...
第六章 經濟交通 第三節 市場
後刻證文運用法の一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
米仲買に發行し、その代銀を拂主たるべき給人に持參し、之と引替に受取りたる米切手を
、先に交付し置きたる後刻證文と引替に甲米仲買に引渡すものとす。これ後刻證文運用法
の一なり。
第六章 經濟交通 第三節 市場
後刻證文運用法の三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
仲買に交付し、次いで元利銀を銀主に持參して米切手及び入目録又は本證書を回收し、之
を先に發行し置きたる後刻證文と引替に米仲買に引渡し、米仲買は米切手のみを客筋に返
戻す。これ後刻證文運用法の三なり。
第六章 經濟交通 第三節 市場
後刻證文に對する制裁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
かくの如く後刻證文は取引上頗る利便なるものなるが故に、隨つて多く融通運轉せられし
かば、寛保二年十月初めて之に對する取締...
第六章 經濟交通 第三節 市場
後刻證文
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
銀仲の運用する後刻證文は、後刻手形又は後刻銀と稱することあり。これが利用は極めて
古き時代より起りたるものゝ如く、米仲買相互...
第六章 經濟交通 第三節 市場
銀仲
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
米場に於ける機關の一に銀仲あり。銀仲は後刻證文と稱する手形を運用し、米仲買業者に
對し資銀の融通を圖るを營業とするものにして、金澤米場獨特の機關とし...
第六章 經濟交通 第三節 市場
後刻證運用法の四
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
末に至りて、米仲買相互の間若しくは米仲買と銀仲との間に、この證文を利用して多額の
資銀を融通せり。之を後刻證文運用法の四とす。