石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
征長の議と加賀藩の反對
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
むるを以て、朝廷に對する忠貞の擧といふべきなりと。因りて二月二十日親ら書を裁して
齊奏に請ひ、侯をして征長中止の議を幕府に上らしめんとせり。齊奏老臣に諮りてこれを
容れ、二十三日大野木源藏をして書を齎して西上...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩の努力
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る責任を明らかにし、何等かの功績を立てゝこれを償ふの擧に出でざるべからざりき。然
るに幾くもなく幕府は征長の師を起すの令を布きたるを以て、加賀藩は自ら請ひて先鋒の
列に加り、同時に一橋慶喜の要求に應じて上洛の...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
再度の出兵命令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
いで十月二十四日家老前田典膳を江戸に遣はし、武門の面目を維持せんが爲再び齊泰に禁
闕の守備を命じ、且つ征長の役に關しては藩が既に準備を終りたるを以て、幕府の前令に
基づき強ひて參與せしめられんことを要求せり。...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
征長反對第二次建白
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
亦入朝し、二十四日京を發して大坂に向かへり。是を以て齊泰は二十一日また書を閣老に
致して將軍の輕々しく征長の役を起すべからざる理由を述べたりき。曰く、去年朝廷の更
めて兵馬の權を幕府に委任し給ひし時、將軍條奏...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
府に侯たざるべからざるに至り、金紋梅鉢の光華初めて燦然たらず。是を以て藩はその名
聲を恢復せんと欲し、征長の役に兵を安藝に進發せしめ、水戸浪士を防禦して降を越前に
容れ、尋いで慶寧の世となるや、更に全力を盡く...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
榮實の献替六八一頁第二節黒羽織黨及び海防七二一頁第三節錢屋五兵衞七四八頁第四節元
治の變八〇三頁第五節征長の役と南越の陣八七六頁第六節藩末の改革九一六頁第七節北越
戰爭九五一頁第八節本多政均の遭難一〇〇九頁第...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
見は既に建白せし所なり。敢へて請ふ、その宜しきを得しめよと。蓋し慶寧は曩に齊泰に
請ひ、幕府に上書して征長の議に反對したりといへども、その書父侯の名を以てしたるの
みならず、老臣の意見を參酌して數々刪正を加へ...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩の越前出兵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ひたりしが故に、在京各藩兵をして之に當らしめんと欲したりしが、加賀藩に於いては老
臣長大隅守連恭等既に征長の軍に參加せんが爲に大坂に向かひたりしも、部將馬廻頭永原
甚七郎孝知・兵士頭赤井傳右衞門直喜及び不破亮...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
慶寧幕命を拒む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
さしめたり。次いで慶應元年幕府の長藩に兵を進めし時齊泰は請ひて京師を警衞し、二年
慶寧の封を襲ぐに及び征長の役尚未だ止まざりしを以て又請ひて之に成したりき。抑輦下
一旦變あらば速かに入朝奔走すべきは固より言を...
第六章 大聖寺藩治一斑
大聖寺藩の京都守衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
津打出村の戍兵、馬廻組頭井上唯輔・足輕組頭中村六左衞門に率ゐられて藩に歸る。これ
前月幕府が勅によりて征長軍を止めしを以てなり。十二月利鬯令を下して舊來の軍法を廢
し、海外の制に從はしむ。是に於いて士卒皆急に...