石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第三節 司法
改易 知行被召放 減知 役儀御免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又士人にして、知行を召放さるゝに至らず、僅かにその一部を減殺せらるゝものは、減知
の名目あり。その失錯役儀の上にのみ留りて、役儀を褫奪せらるゝものは、役料知を沒收
せらるといへども知行に及ばず。之を役儀御免と...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
士人の處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りて世に誇張流布せられしものに外ならざるなり。御馬廻頭、御省略方御用兒島五郎右衞
門景好御手前儀、重き役儀被二仰付置一候處、役儀も不レ顧御郡方之者ども抔爲二立入一
、不心得之趣有レ之躰、別而近年被二仰出一も有...
第六章 大聖寺藩治一斑
村井主殿の處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
數へたる親翰を發表せり。村井主殿儀、何茂如二存知一、筋目を思ひ近年段々取立召仕候
處、恩を忘奢を極め、役儀の權威を以て家中の面々を茂致二無(體)代一惡心法外之仕方
、第一代々の格式等も我儘に改替、大法を亂氣隨...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
長連頼の訴状
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
者等迄呼集、兩人暇もらい候上申聞、志ふかき者どもへは誓詞書合連判仕、存亡一所にと
申合、二十餘人番等并役儀不二相勤一敷月引籠罷在、申度儘を申、御昵近衆他家中にも縁
を求、籠居之内にも罷越、各樣者讒言にあひ、九...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
寺島藏人等の芟除
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
地奉行・改作奉行等を經、十年十一月大阪御借財御仕法主付を命ぜられしが、十二年十一
月職務不念の廉を以て役儀を除き指扣に處せられ、十三年正月赦さる。次いで文政元年八
月頭並に列し、改作方勝手方御用を兼ね、翌日御...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御料紙由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二遣置一候。同所はいたち川於二川下一、漉方彼地之者へ教申候。承應二年、紙肝煎助右
衞門御咎之筋有レ之、役儀御取放、右役儀御料紙組合頭之内太郎左衞門え當分裁許被二仰
付一。助右衞門儀平御料紙漉被二仰付一候。同三...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の遺言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
儀忝と存知、御身に替り肝を煎り可レ申と被二仰出一、則中納言になされ、橋立の御壺・
吉光の御脇指被レ下、役儀をも拾萬石被レ成二御許一候事。一、何たる儀も内府・大納言
殿へ得二其意一、其次第相究候へと被レ爲二御意...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
利常の薨去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
崎虎之助・國澤少次郎・杉江兵助・別所三平四人を四天王と名付く。御前宜人々成故に、
落髮して三宅野の御供役儀等相勤む。導師は寳圓寺、念誦は國松寺、其次第規式夫々に相
濟、何茂下向退散也。杉江次郎左衞門・野村半兵...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
内通者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
縮之樣子等心付不レ申段不屆者共に付、御領國追放代之刑二ヶ年可レ爲二禁牢一者に候得
共、爲レ赦御宥免、尤役儀被二指除一。十村、岩淵村伊右衞門右伊右衞門儀、内藏允縮所
支配之地に付、鍵者預り罷有、緒方之儀者不二相...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
遊廓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
者於レ有レ之者、向三軒兩隣所拂可二申付一候。此儀外より相知れ候はゞ、其首尾に寄り
、其町之肝煎・組合頭役儀取揚可レ申候。右今明日に夫々申渡有レ之。但町人には目立候
裝束不レ仕樣、町奉行より申渡有レ之。〔政鄰記...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
五兵衞の退老と蹉跌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人氣一通りからず時節、先當分求め候儀は相見合、請込て(に脱カ)商賣致候はゞ双方勘
定も宜鋪、且喜太郎儀役儀も有レ之、商賣方屆兼候之間、佐八郎本家支配と相心得、諸事
申談中能渡世候はゞ、面々身ため(の脱カ)面白...
第一章 制度法規 第一節 職制
安永の軍役改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の四人となる。後の四人は、若し主人の得道具なるときは、弓一張又は筒一挺を携へしむ
ることを得べく、若し役儀によりて馬驗(ウマジルシ)を要するときは、他の二人を之に當
つべしとせり。是によりて小身の士の軍役が如...
第一章 制度法規 第三節 司法
遠慮 逼塞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
士人にして役儀を等閑にしたる如き科により、その邸宅に謹愼を命ぜらるゝものに、遠慮
あり、逼塞あり。寛文の頃の法令によ...
第一章 制度法規 第三節 司法
農民の刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
のみ之を施し、療養に便ぜしむ。村役人の微罪には、御用之外徘徊留・指扣・御用之外指
扣あり。稍重きときは役儀取放あり。更に重きときは、その普通民たると村役人たるとを
問はず、入牢・所縮又は追出に處せらる。追出と...
第一章 制度法規 第四節 租税
士人の献上物
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せるが如し。而して士人に在りては年頭御禮・初御目見・跡目相續・加増知拜領・新知拜
領・叙爵被二仰付一・役儀被二仰付一・縁組御禮・子弟被二召出一・隱居御禮等の場合に
當りて、定額の太刀馬代・時服料・肴料・鳥目等...
第一章 制度法規 第四節 租税
役銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を人役、その殘餘を銀役とす。以上は無役の士に關する規定にして、特殊の役掛りを有す
る者は、知行の大小と役儀とによりて、或は全くその上納を免除せられ、或は半役銀をの
み課せらるゝことあり。第三世前田利常の初世に...
第三章 學事宗教 第一節 學校
學生
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
列にあるものも年少の輩はその勤務を止めて入學を命ぜられ、同年十二月十五歳より三十
九歳までの平士にして役儀なきものは、日々明倫堂に出校して儒學を學び、又は壯猶館に
至りて洋學を受くべき規定となれり。以上は明倫...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
植付見分及び草拂見分二度の申渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、萬端驕りたる儀無レ之、分限を不レ失、質朴之風俗に成樣、常々能々申聞せ。一村にお
ゐて、肝煎等は大切之役儀に候間、萬事正直にして下々之もの共厚致二教諭一、改作不情
我儘のもの有レ之候はゞ早速申斷れ。此外時々御...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
文政の改革令
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に御召仕に候。尤石川・河北之儀は御根役所並堂形御役所詰番、遠郡之儀は御出役所詰番
相勤候。都而身支配並役儀之筋惣年寄之裁許に而、惣年寄・年寄並手前に而も御用召仕候
事。文政四年辛巳七月〔觸留帳〕○