石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
引免斗過米 引免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
いて、その村高が盡く給人知たる時は、引物成に相當する額を御算用場の切手によりて村
方に下附せらる。是を引免斗過(ハカリスギ)米又は御藏返米と稱す。蓋しこの村方にては
引免を除き、殘餘の收納免を納租すれば足ると...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
引免 用捨免
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
引免とは、地味從來に比して劣惡となり、米穀の收穫減少したる時、定免の内その率を低
下するをいふ。この場合に...
第一章 制度法規 第四節 租税
能美郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石八斗七升一合松任町稻荷屋敷等地子米引三千十九石六斗九升五合定錢納定納口米引二千
四百二石四斗九升九合引免に當る定納口米引二石六斗二升四合安宅水戸口水引免定納口米
引二百六十五石五斗三升七合引免に當る給人知引...
第一章 制度法規 第四節 租税
石川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十七石七斗一升五合御用地錢納定納口米引九百十二石五斗一作依レ願錢納定納口米引三千
三百十石九斗二升九合引免に當る定納口米引六千三十九石一斗五升六合右同斷に付給人知
え引足米引但惣高六千五十六石一斗六合之内拾六...
第一章 制度法規 第二節 祿制
改作法施行以後の知行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せしむ。又地味の低下、地籍の減失等によりて、永久に免相を減ずることあり。此の如き
場合に當りては、藩は引免米又は引免斗過(ハカリスギ)米下附の方法によりて、給人又は
百姓にその缺損を補償す。されば給人の所得は...
第一章 制度法規 第四節 租税
河北郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
百九十六石三斗六升六合定錢納定納口米引百五十八石九升六合御用地定納口米引二千三百
六十三石二斗八升一合引免に當る定納口米引六百九十七石九斗四升三合右同斷に付給人知
に引足米引殘一萬八千百五十八石四斗七升一合本...
第一章 制度法規 第四節 租税
羽咋鹿島二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
八石九斗一升三合定納口米内二十九石九斗一升八合一宮寺家村永引兎に當る定納口米引千
八十八石六斗六升七合引免に當る定納口米引千九百六十五石四斗八升八合右同斷に付給人
知え引足米引但惣高千九百九十一石五升六合之内...
第一章 制度法規 第四節 租税
礪波郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
定錢納定納口米引七百七石九斗二升七合同七月平均井波御藏米直段を以上納之分引千八百
八十九石二斗八升三合引免に當る定納口米引二千三百六十六石八斗四升右同斷に付給人知
え引足米引但惣高二千三百六十八石六斗二升四合...
第一章 制度法規 第四節 租税
射水郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高二萬九百八十三石六斗二升二合定納口米内九石九斗五升氷見町光禪寺屋敷未進高引六百
六十三石九斗八升九合引免に當る定納口米引九百三十石五斗九升四合右同斷に付給人知へ
引足米引但惣高九百四十四石六斗三升一合之内十...
第一章 制度法規 第四節 租税
新川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五千六百七十八石九斗一升二合定納口米内三百三十三石二斗六升定錢納定納口米引五千七
百七十石四斗二升四合引免に當る定納口米引二千八百七十三石七斗九升三合右同斷に付給
人知へ引足米引但惣高三千十七石三斗五升五合之...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
不作 見立免切 見立代御貸米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
法施行の後、風水旱虫等によりて不作となり、收穫の定納よりも甚だしく不足したる時は
、作柄に應じて一作の引免を許すを法とせり。免相の減少は改作奉行の權限に屬し、御算
用場奉行に示談したる後之を決す。而してその比...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
備荒貯蓄と窮民激増
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。印紙百十五匁より二十目迄。批屋米升に百八文うり。當年不作に付町方等一統粥給候樣
觸付在る。御家中一統引免(ヒキメン)被二仰付一。下民え爲レ救諸方より粥等差出。天保
五年正月中旬より米石に付百十五六匁。批屋米...
第一章 制度法規 第二節 祿制
祿制の混亂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
へ共、其上にも中には免を増御取被レ成候御方も有レ之。又凶作などに候へば、百姓より
減免相願候に付、一作引免被レ仰付一候御人々も御座候。されども寛永十七八年の凶作に
も、惣御給人一統減免に被レ仰付一候事無レ之、...
第一章 制度法規 第四節 租税
鳳至珠洲二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
口米殘八萬五千六百一石九斗五升三合草高四萬八千五百五十二石八斗四合定納口米内五百
九十七石三斗七升八合引免に當る定納口米引五十九石八斗一升二合右同斷に付給人知え引
足米引殘四萬七千八百九十五石六斗一升四合本田...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
本檢地と内檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明村等四ヶ村が之を請ひたるときにも尚本檢地を行ふことなく、御扶持人十村出張して内
檢地を行ひ、西明村に引免を許して高を減少したると同一効果たらしめ、他の三ヶ村は地
元甚だしく狹少ならざるが故にその願書を撤回せ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
請高新開 仕法新開 御仕立新開 圖免新開 極高新開 一免下新開 定免新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
善せられ、村免よか免一ッを低下したる定免となり、若しくは村免と同一に定めらるゝも
、年々の豐凶によりて引免を附せらるゝが如く、何れにしても免相の定りたるものをいふ
。新開の多數は、皆年々見圖りの免を以て納租す...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
畠作損
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見立免切を行ふことなし。隨ひて田地に見立免切を要する場合に在りても、畑の高を除き
たる殘餘に對してのみ引免するを法とす。然りといへども特に畑地の多き村方にありては
、貸米の額を銀子に換算して後日返上せしめしこ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
返上米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二萬二千五百石とせり。而してこの返上は作方に關する貸米のみに對するものなるが故に
、文化十四年別に從前引免を許されたる冥加として領内に上納米三千五百石を課すること
ゝせしが、天保十年この二口を合して跡々御貸米...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
蓄米 蓄銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保四年非常の違作あり。因りて領内に引免に相當する拾六萬石の貸米を命じ、翌春に至
りて更に救助の法を盡くせり。是より先、四年八月本年作況の不良...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御料紙由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
付一候。同三年、右太郎左衞門代り役、御料紙組合頭之内甚助え被二仰付一。寛永之度以
來連年被二仰付置一候引免、太郎左衞門故障に而願次不レ仕、御納所御印免に立歸候。明
暦元年、今年御料紙漉十村附に相成り、御所村源...