石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第六節 刀工
幸昌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
關系の第五を幸昌とす。兼久一族と同じく木下氏を稱するは、元來縁故あるものにあらざ
るか。加越能鍛冶由來考には幸昌を藤島...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
山林の下苅特許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・市ノ瀬御林、小竹御林、田屋御林下刈被二仰付一、御役銀毎歳可二指上一旨相願。依レ
兼之若・家平・光平・幸昌・信貞・家忠・勝國等、御林六ヶ所之下刈被二仰付一。』とい
ひ、又享保元年四月國平・家忠・包廣・光平・幸...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
極度の衰廢と藩の合力
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
へ、且つ技術に精勵なるものを賞して三人扶持を給して之を保護したりしが、當時の刀工
僅かに泰平(初代)・幸昌・信友・國平・清光・勝國の六人を數ふるに過ぎざりき。しか
も窮乏せる藩の財政は久しく之を繼續するに堪へ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
加州刀の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、天保元年鍛刀の資材に就いて覺書を徴したるもの今に存す。その提出書には國平・清光
・信政・勝國・兼久・幸昌の外、移入の工人信右・貞之二人を列記せり。蓋し當時に於け
る工人の全數なるべし。覺一、御刀身一腰付鋼二...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
瑞龍寺刀劍寄進
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
住藤原兼卷作二尺七寸反七分半賀州住藤原光國二尺七寸反八分半賀州住藤原守種作二尺五
寸九分反七分半賀州住幸昌作二尺五寸一分半反九分半賀州住家次二尺六寸反七分賀州住藤
原貞吉作二尺五寸九分反八分越中富山住藤原重清...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工の階級
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
勝國・高平・吉家・勝家、非人小屋に罷在清光・兼則を上作とし、光國・友重・家平・信
友を中作とし、守種・幸昌・兼裏・越中清光・二代忠吉・信貞を下作とし、藩が彼等に鍛
造を命ずる場合に與ふる工賃も亦この品等に應じ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
享保の不振
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、子孫文政の頃に及ぶ。家忠は寛文以前の名を繼ぐと雖も、實は洲崎氏の一傍系に過ぎず
して、且つ後系なく、幸昌は藤島流なりとすれども實は信友派の門人系にして、陀羅尼に
入門せしこともあれば、寧ろ之を陀羅尼の分流と...