石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の詩學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
レ窮。曙風起二天末一。旭日照二山東一。水色如レ藍湛。露光與レ玉同。群臣朝禮罷。進
退自融々。森三悦和二平岩仙桂篠原之一律一。佐玄澄亦嗣二其響一。諷誦之餘。欣然走レ
筆。豪強甘二一死一。千載喚二眞盛一。忠壯由求志。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
平岩仙桂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
平岩仙桂、仙山と號し、所居を忘筌集・一柳軒又は晞顏齋と稱す。平安の人。前田綱紀に
仕へて文學となり、祿三百石を...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に至る。即ち萬治三年木下順庵は京都に在りて加賀藩の祿を受け、次いで松永昌三の子永
三も同じく我に仕へ、平岩仙桂も亦褐を釋き、寛文五年には澤田宗堅、同六年には中泉恭
祐、同十二年には僧高泉の來るあり。延寶三年に五十...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩政初期の詩賦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せる石川丈山の詩風にして既に然り。その餘流を汲むもの豈盡く然らざらんや。松永昌三
然り、小瀬道喜然り、平岩仙桂・澤田宗堅亦然り。奧村庸禮・奧村悳輝皆然らざるなし。
唯五十川剛伯のみ才學卓絶にして、一時國卿大夫之が...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て來ると。實にその言の如く、松永昌三は綱紀治世の初に於いて退隱したるも、其の次子
永三代りて祿せられ、平岩仙桂・澤田宗堅・中泉恭砧・五十川剛伯・羽黒成實・小瀬助信
・稻宣義・伊藤由貞・兒島景范・小瀬良正・木下廣孝...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
澤田宗堅 澤田菖庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
宗堅は訥齋と號す、平安の人にして、教を石川丈山に受く。寛文五年十二月前田綱紀に聘
せられて、木下順庵・平岩仙桂等と共に藩の文學となり、祿三百石を食む。その子道玄は
菖庵と號し、翌年亦出仕して儒臣に列す。同九年三月...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
五十川剛伯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
百四十六卷中の助語集要一部十三卷を撰し、又詩範一部九册を撰す。皆舜水に聞く所を輯
せるなり。剛伯の才學平岩仙桂と相伯仲し、一時國卿大夫本多政敏・奧村悳輝・津田孟昭
・木多政冬の輩其の門に遊ぶ。故に花晨月夕の雅會高...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
今村正信
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
今村正信、通稱は徳兵衞、桂村又は二樂堂と號し、平岩仙桂の門人なり。正信客を二樂堂
に會す。其の地麻水に臨み、夢香山に面す。一詩を賦して曰く。冬日與レ友飮二二...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
關屋政春
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
教一致の理を講じ、以て子弟を誘掖せり。著す所、乙夜之書物三卷・政春古兵談あり。古
兵談には、木下順庵・平岩仙桂・澤田宗堅等の言説を録すること多し。寛永十年初めて來
仕し、貞享二年歿す。