石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
木滑木 滑 新中宮(以上河内庄。この庄の内、舊能美郡尾添・荒谷二村、及び之に接續す
る白山山麓十六邑は幕府領なり。)太 平 寺位川上林中林下林三納藤 平 田藤平田新部
入 道柴木熱野道 法 寺荒屋井 ノ 口知...
第一章 領主及び領土
能登の加賀藩領と幕府領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
天明六年能登國内の加賀藩領十七村を幕府領とし、幕府領八村を加賀藩領とす。これ千路
潟沿岸その他に境界に關する論爭ありたるを避けんとしたるに因る...
第一章 領主及び領土
幕府領と加賀藩領との交換
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この後能登の幕府領には、更に新町二百四十三石四升八合六勺を加へしが、天明六年に至
幕府領と加賀藩領とを交換の事ありて、...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
より之を大方諸賢の批判に待たんと欲す。藩政時代の石川縣は加賀藩のみの所管にはあら
ず、白山山麓に於ける幕府領あり、能登半島に於ける幕府領と土方領とある外、別に江沼
・能美二郡に跨れる大聖寺藩のあるあり。是を以て...
第一章 領主及び領土
土方長十郎領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
土方長十郎領村籍天和元年より元祿十六年に至る羽咋郡四町[初土方雄隆領及土方雄賀領
入會後土方雄賀領及幕府領入會]鹿島郡川田[初前田領及土方雄隆領入會後前田領及幕府
入會]○
第一章 領主及び領土
幕府領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幕府領村籍貞享元年より元祿二年に至る羽咋郡敷浪針山原神子ヶ原[前田領入會]福 水
[前田領入會]白瀬[前田領...
第一章 領主及び領土
幕府領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幕府領村籍元祿二年より同八年に至る羽咋郡敷浪針山原神子ヶ原[前田領入會]福 水[
前田領入會]白瀬[前田領入...
第一章 領主及び領土
幕府領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幕府領村籍元祿八年より同十一年に至る羽咋郡敷浪針山原神子ヶ原[前田領入會]福 水
[前田領入會]白瀬[前田領...
第一章 領主及び領土
幕府領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幕府領村籍元祿十一年より同十三年に至る羽咋郡敷浪針山原神子ヶ原[前田領入會]福
水[前田領入會]白瀬[前田...
第一章 領主及び領土
幕府領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幕府領村籍元祿十三年より天明六年に至る。元祿十六年土方長十郎領を加へたれども、村
名に變動なし。羽咋郡敷浪針...
第一章 領主及び領土
幕府領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幕府領村籍天明六年より慶應三年に至る羽咋郡敷浪針山原神子ヶ原福水白瀬[前田領入會
]四町[土方領入會]松 ノ...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩能登の舊幕府領を管す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
期して齊しく江戸城に向かひ進撃せしめんとせり。この日北陸道先鋒總督は金澤城を巡閲
し、又能登に於ける舊幕府領にして從來加賀藩に政務を委託せるもの六十二ヶ村を改めて
朝廷より同藩に委託することゝし、これに對する租...
第一章 領主及び領土
幕府領を加賀藩に寄田とす
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
享保七年六月二十八日幕府能登の直轄地六十一ヶ村を擧げて、加賀藩に寄田となし、民政
を一任せり。當時その...
第一章 領主及び領土
土方雄賀領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
雄賀領村籍天和元年より明治二年六月に至る羽咋郡太田[前田領入會]四町[初土方雄久
領及土方長十郎入會後幕府領入會]鹿島郡小栗槇山清 水 平柑 子 山外林[以上庵村より
分立]○
第一章 領主及び領土
鳥居忠英領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
鳥居忠英領村籍元祿二年より同八年に至る羽咋郡二所ノ宮[幕府領入會]町安 部 屋松
ノ 木豐後名[前田領入會]鹿島郡川田[前田領及土方長十郎領入會]下八幡熊淵山崎...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るものにして、遂に尾添村の出作地の石川郡に在るものは之を中宮に屬し、瀬戸村のもの
は木滑に屬せしめて、幕府領と加賀藩領との交渉を避けんとしたるに、翌九年尾添・瀬戸
の村民は、その出作地の石川郡に在るものが能美郡...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
之が爲なり。寛延三年四月町奉行青地彌四郎蕃宣が執政奧村丹後守修古に提出せる稟請書
に、近時能登に於ける幕府領及び富山藩に於いて富突の流行を來し、加賀藩の士民にして
之を買入るゝものあるを以てその實情を精査せしに...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
能登幕府領の合併及び英佛艦碇泊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七月八日英艦ベレスレク・セルペント・シエルシスの三隻また所口港に入りて碇泊す。こ
れ日本海沿岸に開港場...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
鎭撫總督の出發
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
舊幕府の領邑を政府の直轄と爲すべき布告とを北陸道諸藩に頒ちしが、二十九日朝廷は更
に鎭撫總督に令し、舊幕府領の北陸道に散在するものを檢して圖籍を上り、その民庶を撫
恤せしめ給へり。二月五日加賀藩在京の吏、天皇の...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
先鋒總督金澤に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ら行營に至りてその情を述べ、又各管内に屬する戸口・土地等の簿籍と窮民及び忠孝義烈
の者を録し、併せて舊幕府領の貢租に關する事項を調査して進達せしめしに、加賀藩及び
大聖寺藩は共に書を以て之に答へたりき。一、御趣...