石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
常備兵設置
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明治三年正月兵部省令して、諸藩の租入一萬石に對し常備兵一小隊を以て定員となし、總
石數に比例して之を編成せしむ。是に於いて金澤藩は從來の銃卒を廢し、歩兵五大...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
藩知事の城外移住
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
藩知事となれるを以て、將に城郭を出で住邸を他に求めんとせしを以てなり。十三日小松
・所口・高岡・魚津に常備兵各二小隊を配置して警備に當らしめ、十四日從來諸士の上納
せる兵賦その他諸上納金を止め、又舊例によれば諸...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
人名及び家屋の制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を布告し、諸藩の租入十五萬石以上なるを大藩、五萬石以上なるを中藩、以下を小藩とな
し、又一萬石に對して常備兵六十人を置くべく、その兵式は自今佛蘭西の法に從ふべきを
令せり。
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
太政官廳舍造營建議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
小之兩學校を設、四民打込仕法相立教育方申渡候。猶委詳之儀は追而御達可二申上一候事
。一、軍事向改革仕、常備兵員總て佛朗西式に編制申渡候。猶委詳之儀は追而御達可二申
上一候事。一、藩内可レ議之事件有レ之候節は、其...