石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第三節 市場
青物市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蔬菜も亦魚類と共に日常の食膳に必要なるものなるを以て、兩魚市場の附近に各青物市場
を生じたりしものの如し。享保十年三月十日附金澤町會所横目肝煎諸事留帳に載せたる金
澤...
第六章 經濟交通 第三節 市場
金澤の市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤の城下に於ける市場の最も主要なるものには、米市場・魚市場及び青物市場あり。今
順次この三市場に就きて記述する所あらんとす...
第六章 經濟交通 第三節 市場
袋町の魚市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
袋町の魚市場は、その濫觴最も古きものゝ如く、藩初以來この町に新保屋次郎左衞門あり
て、藩侯の膳部に供する魚鳥を調進...
第六章 經濟交通 第三節 市場
市場の併合
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この兩市場を置かれし頃にありては、安宅・本吉・相川等上口の浦々にて漁獲せる魚類は
之を魚屋町の市場に運搬し、宮腰...
第六章 經濟交通 第三節 市場
市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤の市場中米場に次ぎて最も盛なりしものは魚市場なり。魚市場は、初め淺野川の方面
に在りては袋町に在りしを後に近...
第六章 經濟交通 第三節 市場
近江町の魚市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
袋町の市場が、後に近江町に移りたる理由に就きては、新保屋が藩侯の食用に供する魚鳥
を貯藏すべき窖藏を近江町の内に...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第七節製織九一八頁第八節雜業九三一頁第六章經濟交通九五二頁第一節貨幣九五二頁第二
節物價九九三頁第三節市場一〇〇五頁第四節交通一〇二九頁附録第一郷帳一〇五七頁第二
年表一〇九三頁第三索引一一二五頁挿圖袖珍武鑑...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米穀賣買の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
拂米切手を切り代へ、小額の預劵を發行して米小賣商に賣出したるものありしも、その額
は固より多からず。米市場用米賣買切手(河村茂三郎は給人・紅屋平兵衞は藏宿・森下屋
清右衞門は仲買)金澤市米里喜平氏藏米市場用米...
第六章 經濟交通 第三節 市場
魚屋町の市場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
犀川口なる魚屋町の市場に就いては、今その濫觴を知るべからざるも、亦元祿三年三月十
六日夜竪町より起れる火災により類燒せしが、...
第六章 經濟交通 第三節 市場
塩問屋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
市場の袋町と魚屋町とにありし頃にありては、鹽問屋も亦兩市場に屬せり。蓋し食鹽は
、魚類と同じく浦方に生産す...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
奧村永福寺の上野村夜襲
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人を附置見とゞけ可二申越一候。内膳(片山延高)申次第重而も可レ遣候。能々相しめ可
レ然候。以上。おこめ市場上野村え夜討を遣、數多打捨に仕、殊いかこ(五十子)四郎兵
衞とやらん討捕候由、尤手柄共、此中内膳如二存...
再刊の辭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
刀工・冑工・鏤工・鑄工あり、殖産製造に農業・林業・鑛業・製箔・製織・雜業あり、經
濟交通に貨幣・物價・市場・交通ありて、概ね社會生活の各部門に亙れり。而も建築・造
園の如き、彫刻・手藝の如き、製菓・料理の如き...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、一般經濟に就いて、加賀藩の發行せる硬貨及び楮幣、異常なる物價の變動に基づける人
心の動搖、重要食料の市場に關する事情を述べ、附するに藩侯參覲の次第、飛脚の沿革等
を記して、交通・郵遞の片影を髮髴せしめたりと...
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
沈金彫の發明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
多樣の鑿を應用するに至り、益技巧の精練を加ふると共に、手法極めて新奇にして外觀亦
美麗なりしかば、漸次市場の稱贊を博し、從ひてこの業を營むもの數十戸に及べり。次い
で文政の頃會津の蒔繪師安吉、輪島に來りて蒔繪...
第五章 殖産製造 第七節 製織
安部屋布
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
羽最上より苧を購ひて麻布を製織するに及び、品質大に佳良となり、その産地は廣く志賀
郷諸村に亙りて高濱を市場となし、販路遠く三都・加賀・越後・出羽・陸奧に及び、天保
十四年の輸出三萬五千三百反を算せりといふ。明...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに士庶銀札の使用に慣れざりしを以て、善惡の批評囂然として起り、贋札多く行はれ
、正貨忽ち市場より姿を隱し、銀札一匁につき錢六十四文の相場を以てしては、到底錢貨
を得ること能はざるに至れり。是を以...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りしを以て、彼等は藩に請ひて、各自百文より一貫文に至る輕便の預錢手形を發行せしも
、錢貨は尚依然として市場に現はるゝに至らざりき。こは全く錢貨の定相場なるに源因す
るものなるを以て、十月廿四日藩は再びその相場...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
めて銀札を發行せり。この時銀札の流通を圓滑ならしめんが爲、正銀の使用を停止し、錢
貨も亦惡紙幣によりて市場より驅逐せられたりしかば、米價忽ち向上して、六年三月二十
七日金澤に於ける米一石の相場銀二百三十五匁と...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の財界恐慌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ものなり。是を以てその破産は直に延きて金澤の經濟界に恐慌を生ぜしむるに至り、人々
皆正貨を死藏して之を市場に出さゞりしかば、藩の發行する銀札の相場を下落せしめ、隨
ひて物價の向上を惹起したりき。老臣長大隅守連...
第六章 經濟交通 第三節 市場
御藏米と町藏米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
のを卻けて收納せず。故に御藏米又は町藏米は取引上最も信用し得べき商品にして、その
拂米切手を買ひ集めて市場に賣出すものを米仲買とし、定期に之を取引する機關を米仲買
座とも米場ともいへり。