石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
再刊の辭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
闡明するに在り。蓋し石川縣が縣政施行の後、一時海内に於ける學問教育の先進地を以て
目せられ、現に尚美術工藝の淵藪を以て認めらるゝ所以のものは、悉く藩治二百數十年の
間に亙り、藩侯十數世の績效に源泉せずんばあら...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に於いて如何の地位を占むるかに至りては、全く論及する所あらず。切に專門諸家の研究
を希ふ所以なり。美術工藝の中、繪畫には大才を出しゝこと鮮く、長谷川等伯・俵屋宗達
・岸駒の諸家、皆この地より出でたりといふに過...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
初期の畫界
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
賀の守護富樫氏の族晴貞が超月と號し、好みて馬を描きたる等のことを傳ふるのみ。前田
氏の統治以後に至り、工藝の進歩發達大に著しかりしといへども、專門の畫人を出したる
こと少く、稀に名を爲したるものあるも、單に加...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利常の平和的施設
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
兵制を改めて士氣の振興を圖り、城下の市區を整理し、道路橋梁を修築し、神社佛閣を壯
麗にし、名工を聘して工藝の進歩を促し、農産と水産とを奬勵し、以て三州昇平の基礎を
確立することに努力せり。されば元和二年六月二...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
能役者の保護
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ふものありて、細工奉行・細工小頭・細工者等之に屬し、刀劔の鍛冶研磨・蒔繪・髹漆・
裝束・武具以下諸種の工藝を掌らしめしが、綱紀は彼等の中に能樂のシテ方を除く各部門
を兼藝とする者を置き、之に加俸を與へたるなり...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第六節俳諧四一〇頁第七節書道四五七頁第八節科學四六六頁第九節兵學五〇八頁第十節佛
教五一八頁第四章美術工藝六〇三頁第一節繪畫六〇三頁第二節陶磁六一五頁第三節描金六
七一頁第四節髹漆六七六頁第五節染色六九二頁第...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
武田秀平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
器什金澤の富豪藏する所多し。當時各種職方の棟梁等、秀平の門に出入するを榮とし、彼
が里見町の居邸は實に工藝の中樞たる如き觀あり。彫工石塚清助・髹工横井屋武兵衞・木
地師小松屋直次郎・蒔繪師中屋某等、皆その徒な...
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
髹漆工の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るものを作るを長所とす。然れども前者は描金工の附屬たり、後者は刀工に隸するものた
るの觀あると同時に、工藝としての地位亦甚だ高しとせられざりしを以て、今此等の工人
に就きて知ること頗る困難なり。
第四章 美術工藝 第四節 髹漆
金澤以外の髹漆
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤以外にありては、山中及び輪島の漆器あり。山中は木地の製作を主として、髹漆と描
金とを從とする工藝とし、輪島は髹漆の技に於いて勝れ、木地の製作と描金とを之に附隨
せしむるものなりといへども、共に山中塗...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
前田利常の刀工優遇
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
此の時に當りて藩侯前田利常は百般の工藝を奬勵したりしが、殊に刀工の優遇に意を致し
、その邸地を城下鍛冶町に賜ひて集團工區を作らしめたりき。急...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
延寳に於ける變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
下りて延寶に及び、刀劍は益實用より離れ、一般の美術工藝品と同視せらるゝに至り、而
してこの傾向を最も能く具現したる刀工に辻村四郎右衞門兼若と出羽守高平との兄...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
兼卷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
七世喜三郎に至りて刀工を止め、能樂の大鼓打となり、子孫明治に及ぶ。蓋し藩の制御細
工所に勤務する諸種の工藝家は、必ず能樂に關する一藝を兼習するを要したりしが、喜三
郎はその餘技の爲に本業を廢するに至りしなり。