石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
岡野外龜四郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
岡野外龜四郎諱は政以。藩士利兵衞の第四子なり。元治甲子の變に座し、父と共に罪を得
て十月二十六日公事場に禁錮せらる...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
連累の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一に付右樣之儀も出來可レ仕と存、何れ執政等之内え可レ及二論判一抔と、去々年以來私
共兩人迭に論じ罷在。岡野外龜四郎は豫め心易事故毎度罷越、右等之次第致二議論一罷在
。當春頃に至候ては彌増御國政難二相立一事共多有レ之、...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に至りしかば、永原恒太郎・不破富太郎・廣瀬勘右衞門・青木新三郎・大野木仲三郎・高
木守衞・石黒圭三郎・岡野外龜四郎・福岡文平・行山康左衞門等は、皆惣助・幸三・斧吉
と相往來して國事を議し、餘一も亦前罪を赦さるゝに及び...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧上洛の志を決す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
平も亦時々之に與り、廣瀬勘右衞門は後に變節せしも當時は尚熱心なる同謀の一人とし、
而して大野木仲三郎・岡野外龜四郎等は別に一團を爲せり。彼等相議して曰く、藩論を導
きて世子上京の事を決せしむるは之を先輩富太郎・恒太郎...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
居せり。次いで四郎左衞門を寺西要人の邸に拘し、先に寺西邸に在りし福岡惣助を公事場
に移し、岡野利兵衞・岡野外龜四郎・廣瀬勘右衞門・行山康左衞門・福岡文平等國事に關
して談論せしものは皆その家に錮せられ、又吏を京都に遣...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
駒井躋庵閉門青山將監附與力福岡文平公事場内禁錮儒者石黒圭三郎公事場内禁錮[大小將
組岡野判兵衞第三子]岡野外龜四郎永牢町醫者谷村直閉門大小將組岡野判兵衞逼塞、後公
事場内禁錮六組歩士横目行山康左衞門逼塞御預地方用瀬尾...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
山邊沖太郎井口義平と其の同志
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るが故に時事日に非なるものありと信じ、窃かに彼を除かんと欲して友人菅野輔吉及び土
屋茂助に謀り、次いで岡野外龜四郎・その弟悌五郎・多賀賢三郎・松原乙七郎・岡山茂等
も亦之に與るに至りたりき。是等の中外龜四郎は、沖太郎...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
連累の捕縳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
菅野輔吉・岡山茂を捕へて獄に下し、沖太郎の父沖右衞門及び關係者たる嫌疑ありし上坂
丈夫を親類預とし、又岡野外龜四郎を東京より檻致せるが、獨首謀者の一人土屋茂助は八
月九日その家に自刄し、以て縳に就くを免れたり。茂助は...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
暗殺者に傀儡師なきか
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
企てたることあるも故ありて止めりと記し、同志以外一人の密計に參與せるものなしとす
れども、石黒圭三郎が岡野外龜四郎より聞きたりとして傳ふる所は之と異にして、この陰
謀は第一に慶寧側室の兄久徳傳兵衞の賛成を得、保守黨た...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
本多政均の人物調査
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
られ、菅野輔吉は三年間の禁錮となり、又多賀賢三郎・岡山茂・岡野悌五郎は七十日の閉
門に處せられ、而して岡野外龜四郎と松原乙七郎は處刑を免る。石黒圭三郎も亦四年夏歸
藩して自首せしが、その罪本件に觸るゝことなしとせられ...