石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より前田綱紀に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年肥後殿より御老中各へ被二仰入一事に御座候間、御望之通白山近所尾添・荒谷兩村御藏
入に可レ被二仰付一由岡田豐前守申越に而、忝思召候段御老中各へ御状被レ遣可レ然奉レ
存候。今日肥後守殿へも致二參上一彌可レ得二御意一候...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より加賀藩の老臣に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
而、折々御老中へも申達候處、今度首尾能相濟、於二拙者式一大悦に存候。恐惶謹言。八
月廿五日(寛文八年)岡田豐前守前田對馬等三人樣〔加州白山爭論一件〕○
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
白山山麓公領となる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
於いて藩主綱紀の外舅保科正之は、農民が此の問題に沒頭して、隣藩との利平を害するを
憂へ、幕府の勘定奉行岡田豐前守善政と共にその間に奔走周旋し、遂に寛文六年十二月藩
臣横山外記氏從を豐前守の許に遣はして、加賀藩領尾添...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕吏地理を知らず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次に岡田豐前守が加賀藩に内通せる書簡には、加賀藩が尾添・荒谷二村を上地するに對し
て、幕府は福井領なる牛首・風嵐二村...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
横山外記の岡田豐前守に持參したる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
覺一、加州白山之麓尾添村之儀、越前勝山領牛首村・風嵐村と、從故杣(前カ)取諍論之
儀就レ有レ之、手前領...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を感ずべしとなし、本村の出作地たるを許されずんば、寧ろ村民を出作地に分かちて一新
村を經營せんと請ひ、岡田豐前守も亦之を可とせり。因りて九月加賀藩は兩村民の領内に
移らんと欲するものを收容することゝせしも、之を在來...