石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第七節 書道
山本基庸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山本基庸、通稱源右衞門、宇は子遠、持明院基時に就きて書訣を得るに及び、初名惟明を
改めて基庸とせり。基庸最も臨...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
加藤重之 野村重威 山本基庸 石黒知幾 成田明遠 稻垣安根 稻垣秀賢 松崎禮和 小堀永頼 山崎長質 熊谷敬直 山脇敬美 大河原長發 佐藤弘道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
經學詩文に名を馳せしもの少からず。加藤重之、字は子厚、謙光齋と號す。野村重威、字
は孟固、謀野と號す。山本基庸、字は子遠、龜井庵と號す。石黒知幾、字は愼微、修身齋
と號す。成田明遠、字は養晦、遜宇又は濟志齋と號す...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
山本基庸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山本基庸は鳩巣に從遊せりといへども、その詩は孟浪杜撰見るに足らず。但し和歌にあり
ては之を能くして、其の名大に...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
孝悌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
立被レ成候へば、黒柹の御上下に御涙のかゝりぬれ申候を見申候而、我等も涙落申候由、
亡父瀬兵衞咄承候。〔山本基庸筆記微妙公夜話録〕
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
幸若
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
その曲目に就きては、古市孫三郎等夜詰の間に之を利常に問ひ、利常も亦時に自ら之を謠
ひしことありと記し、山本基庸の夜話録には、夜詰終り幸若小左衞門も退出したる後寢室
に召されたることありといへる小左衞門は九左衞門の...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三頁千代尼筆蹟四三四頁―四三五頁堀麥水自書本山中夜話四三八頁―四三九頁田内鐵舟筆
蹟四五八頁―四五九頁山本基庸筆蹟四五八頁―四五九頁淺野屋秋臺筆蹟四六〇頁―四六一
頁岡野黃石筆蹟四六二頁―四六三頁遠藤高璟自畫像四...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
葛卷昌興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その亭を松風亦は觀月といふ。人と爲り高節にして倜儻、その才最も和歌に長ず。時に亦
竹田忠張・奧村忠順・山本基庸・室鳩巣等と詩賦を以て相徴逐す。昌興一日積雪の竹を壓
するを見て、竹雪辭一章を作り、之を忠張に示す。竹...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
士人の和歌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の時に當りて今枝直重・安見元勝・澤橋兵太夫等あり。綱紀の時には庄田正守・竹田忠種
・多賀直秀・原元寅・山本基庸・大野木克明・葛卷昌興・成田明遠等あり。吉徳の時以後
竹田昌忠・原元慶等あり。前田直躬も亦政務の餘暇を...
第三章 學事宗教 第七節 書道
和樣 池田松齋 田内鐵舟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
存する者甚だ寡しといふ。而して松齋・鐵舟と時を同じくし、最も後世に知られたるもの
を、佐々木志頭摩及び山本基庸の二人とす。田内鐵舟筆蹟金澤市黒本植氏藏田内鐵舟筆蹟
第三章 學事宗教 第七節 書道
土田南皐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て横濱に遊び、清人鄭彭年と交を訂す。彭年南皐の書を見、言を極めて激賞せり。南皐又
和樣に巧にして、筆蹟山本基庸に髣髴す。明治の後小學及び師範教育に從事し、二十年三
月二十二日歿す。南皐小松の蘆城小學校に在ること最...