石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
江沼郡の太閤檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
が故に古今の差異あるによるものゝ如し。また大聖寺附近の檢地に關しては菅生石部神社
文書あり。その文中、山口宗永の語として御檢地と記したれば、宗永自身の檢地にあらず
して、豐臣氏の施行せしものたることを知るべし。而...
第一章 領主及び領土
慶長以降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慶長二年堀秀治移封の後に於いては、山口宗永大聖寺に在りて七萬石を領し、丹羽長重は
小松に移りて八萬石を加へ、松任と共に十二萬石の主となれり。三年...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
大聖寺城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
同日利長は、九里九郎兵衞を使者として大聖寺城に至らしめ、城主山口宗永に諭して降を
容れしめんとせしが、宗永は之に從はざりき。因りて利長は之を屠らんと欲し、三日黎明
を以て松...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
山口宗永等の墓所と子孫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
宗永・修弘父子の遺骸は、後に大聖寺福田橋の側に葬らると傳へ、その菩提所たりし全昌
寺に在りては、宗永に...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
先だち、後顧の憂を斷たんが爲丹羽長重と和を議せしが、長重之を容れざりしを以て、已
むを得ず先づ長重及び山口宗永を屈服せしめんと欲し、七月二十六日金澤を發したりき。
この時利長が、大聖寺城の攻略を先とし小松城を後に...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
前田利政の末路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長と共に金澤を出發したる頃には、未だその確報に接せざりしたるべしと思はる。是を以
て彼は西軍の與黨たる山口宗永を攻撃するに躊躇せざりしといへども、その後上國の形勢
明瞭となり、利政の進退は直に夫人の生命に關するこ...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の加封と利常の婚約
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慶長五年九月二十八日前田利長大阪に入りしに、家康は十月十七日を以て榊原康政を利長
の第に赴かしめ、山口宗永の遺領八萬石、丹羽長重の遺領十二萬石、前田利政の遺領一萬
五千石を併せ領せしめき。是に至りて利長の有す...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
寺中の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利家の薨後久しからずして、慶長五年關ヶ原の役ありし時、利長は欸を東軍に通じたりし
を以て、西軍の與黨山口宗永・丹羽長重と戰ひ、次いで二氏の遺領を併有することを得た
り。是に於いて慶長九年戰勝の報賽として、諸橋大...
第六章 大聖寺藩治一斑
利治の入部
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
那谷村を除く)及び越中中新川郡九ヶ村の地七萬石を頒ち、大聖寺に在りて治を施かしむ
。大聖寺は前田氏以前山口宗永の錦城山巓に城を構へたりし所なるが、是に至りて山下に
館を構へ、纔かに塀墻を繞らし隍塹を穿ちたるに過ぎ...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三〇頁―七三一頁加州金澤住氏吉作鐙と平田奉就作鍔七四八頁―七四九頁初代寒雉作燒飯
釜七六四頁―七六五頁山口宗永下知状七七八頁―七七九頁能登口郡十村肝煎任命書七九六
頁―七九七頁能登島岩屋村皆濟状八〇〇頁―八〇一頁...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
韎韐之所レ郷。東伐二石動山一。則梟師燹中授レ首。西援二末森一。則佐佐成政撤圍而潰。
南屠二大聖寺一。則山口宗永殉レ城伏レ劍。又挑二小松則丹羽長重求レ成〓服。其他到處
罔二肉袒不一レ謝レ罪矣。遂略レ地從二西關一以至...