石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府評定所の裁許に對する請書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
院・華王院訴上候は、白山三社之内越南(大汝)知之社、六年以前平泉寺より致二修復一
候處、麓加賀國能美郡尾添村之者打破、彼村より致二修復一替に付相咎候得ば、右社は
添村支配之由申レ之候。是迄加賀口參詣人尾添村よ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添村の訴状
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
乍レ恐謹而言上加賀國能美郡白山麓尾添村庄屋訴訟人次郎兵衞病氣不參同年寄五左衞門同
斷甚左衞門越前國大野郡白山麓牛首村庄屋相手左助同五郎右衞門...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
平泉寺と尾添及び石徹白との爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は、更に元文元年越前大野郡石徹白の社家及び美濃郡上郡長瀧寺の衆徒との間に紛議を釀
し、次いで加賀方面の尾添村民とも衝突を生ずるに至れり。就中尾添村民は、元祿十二年
の裁許により、十五年大汝遷宮の役務を奉仕したり...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
大工太郎兵衞書付
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一、島・牛くび・風嵐三ヶ村、尾添村へ使を以、白山御室御建立被レ成付、杣取之儀此方
へ案内もなく、尾添村の者杣取仕儀如何と申越候之處に、尾...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
横山外記の岡田豐前守に持參したる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
覺一、加州白山之麓尾添村之儀、越前勝山領牛首村・風嵐村と、從故杣(前カ)取諍論之
儀就レ有レ之、手前領分尾添村百姓等隨分申付候...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
報を得るや、八月廿四日尾添の肝煎等十一人は書を加賀藩の吏津田宇右衞門に致して曰く
、聞くが如くんば今次尾添村は幕府の收むる所となると。顧みれば我等久しく加賀侯の恩
澤に浴し、近年漸く資産の乏しからざるを得たるも...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
今枝近義の在藩老臣に與へたる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
頭破損仕候付而、致二修理一度由所之者及レ斷候故、其分に申付、去年少し材木など切置
、常夏雪消、大工壹人尾添村の百姓四五人召連、伐置候材木見可レ申ため白山へ登り申候
庭、越前領之者共大勢集り有レ之、尾添より登り申...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より加賀藩の老臣に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
所へ可レ參と存候。以上。一筆致二啓達一候。然者白山近所之郷村加賀・越前百姓等、從
二先年一諍論仕に付、尾添村・荒谷村御差上げ被レ成度由、保科肥後守殿より御老中へ被
二御入一候趣被レ達二上聞一候處、越前殿御領勝山...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
牛首村民の固執
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
その妨害を試みたりしことは、政隣記に『今歳六月十八日有二白山神祠遷宮事一、神職以
下は以二御朱印一賀州尾添村可レ勤之旨有レ命、裝束等も給レ之。則既に十八日登山之處
、越前牛首村人三百餘人、携二刀鎌一山上に有レ之...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
加賀藩の回答
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
使者えも不レ懸二御目一候。然者白山建立之儀付而被二仰越一通、委細承屆申候。社頭破
損仕候間建立致度旨、尾添村百姓共申故其分に申付候。惣而御隣國之儀候條、境目等之出
入無レ之樣にと、連々中納言(利常)依二申付置一...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
嶺上神祠造營の勅許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
したる後、加賀藩に在りては文献を探り、口碑を集め、異日訴訟を提起する場合の準備を
爲したりしが、その中尾添村民の祠殿を修營し得べき權利あることを證明するに最も有力
なる者は、天文十三年白山禪頂杣取を尾添村に許さ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より前田綱紀に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
存候。以上。一筆啓上仕候。然者先年肥後守(保科正之)殿御相談に而、御老中迄被二仰
入一候。加州白山之麓尾添村・荒谷村、此兩村を公儀へ御上げ被レ成度旨、寄々御老中へ
も申上候。此中も申上候。各御相談に而、御望之通...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
爭議の再燃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
役務を奉仕せんことを求めたるに、こゝに爭議再燃して、翌十一年三月尾添側は牛首・風
嵐側を被告とし、從來尾添村民は加賀方面の登山者に對して任意の初穗錢を領收したるが
、近時牛首・風嵐兩村民が嶺上に人を派し、初穗錢...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
尾添銀山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石川郡尾添村にも亦銀山ありしことは、寛文六年の文書に、『尾添村に最前者銀山就レ有
レ之、小屋懸躰之町御座候。唯今銀...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
加賀藩より上地の村付
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
覺從二加賀國一杉田九郎兵衞請取候村々一、本高百五拾壹石七升能美郡尾添村一、本高貳
捨石九斗壹升同郡荒谷村合百七拾壹石九斗八升〔加州白山爭論一件〕○
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府より加賀藩に與へたる村附
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
貳匁壹分四厘同右之所從二當申年物成一、松平加賀守殿へ被レ下之候間、可レ被二相渡一
候。但白山近所加賀國尾添村・荒谷村、右之高辻今度被二指上一候爲二替地一如レ斯候。
御老中御證文御勘定所に人置候。以上。寛文八年申...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府の裁決
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
比叡山・越前平泉寺及び牛首・風嵐村民の奉仕する所とし、一社とは即ち大汝岳にして、
眞言方たる高野山及び尾添村民の奉仕する所たらしめたるなり。蓋し白山嶺上神祠の奉仕
權に關する爭議は、表面より見れば牛首・風嵐側と...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
白山金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ノタキ)の北に在りて、幽壑深邃人稀に至る所なり。老耄獨語にいふ、永祿四年周防の人
山口三之輔といふ者、尾添村の勘助及び瀬戸村の長太夫と開坑採金を謀りしが、八年五月
地震の爲に崩れ、長太夫及び役夫十餘人壓死し、今...