石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
白山山麓公領となる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前守善政と共にその間に奔走周旋し、遂に寛文六年十二月藩臣横山外記氏從を豐前守の許
に遣はして、加賀藩領尾添・荒谷二村百七十一石九斗八升の地を幕府の直轄たらしむるが
爲に上地せんことを出願せしめしかば、八年八月に至り...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より加賀藩の老臣に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
百三拾石之所、當申年(寛文八年)より御代官杉田九郎兵衞請取仕置可二申付一候。加賀
守殿より御上被レ成候尾添・荒谷兩村高百七拾壹石餘之所も、同九郎兵衞御代官可レ仕旨
被二仰出一、則加賀守樣へも右之爲二替地一、江州御知...
第一章 領主及び領土
加賀藩領二村返上と近江領増加
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
賀藩の領民と越前藩の領民と紛議を釀し、容易に解決を見ず。幕府乃ち寛文八年に至り、
加賀藩に屬する能美郡尾添・荒谷の二村を削りて、越前領たりし白山山麓の牛首・風嵐・
島・深瀬・下田原・鴇ヶ谷・釜谷・五味島・女原・二口...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
津吉岡奧池白山中島八幡三 ノ 宮吉野佐良瀬波市原木滑木 滑 新中宮(以上河内庄。この
庄の内、舊能美郡尾添・荒谷二村、及び之に接續する白山山麓十六邑は幕府領なり。)太
平 寺位川上林中林下林三納藤 平 田藤平田新...
第一章 領主及び領土
近江領の増加
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
するや、所屬暫く不明となりしが、同六年將軍秀忠は改めて之を前田利常に與へ、次いで
寛文八年加賀能美郡の尾添・荒谷を幕府に收め、その代償として近江海津の内中村町の地
百七十一石九斗八升を與へたるを以て、爾後加賀藩の近...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
山内庄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
屬す。而して前者を總稱して西谷といひ、後者は東谷又は牛首谷ともいへり。又別に尾添
川といふものありて、尾添・荒谷・瀬戸の各部落之に臨む。是等の地、若し王朝時代の郷
名に從ひて分かつときは、西谷・東谷及び目附谷川以西...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
越前大野郡十六村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
野に進めしめしに、束谷・西谷及び瀬戸の十六ヶ村は之に服して、貢賦を越前に細るゝを
約したりといへども、尾添・荒谷は石川郡吉野・作良・瀬波・市原・木滑・中宮と共に之
を肯んぜざりしを以て、その男女を殺傷し民屋に火を放...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
加賀越前二藩農民の爭鬪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
尾添・荒谷の二邑は、天正八年以降石川郡と共に佐久間盛政の領たりしが、十一年盛政の
滅びたる後は前田利家の督する所...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
今枝近義の在藩老臣に與へたる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ごりすみ川(濁澄川)を限り境目と申談候と哉覽、石川郡(能美郡)之内白山の麓十六ヶ
村越前傾に相成候。併尾添・荒谷・中宮三ヶ村、今加賀領に御座候。先規より尾添村之百
姓白山之別當仕候由來分明之旨申候。金澤より四里上に...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
石川能美二郡の境界
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ゝなりしは言ふまでもなし。但し此の如く郡界の移動せる年代に就きては、越登賀三州志
來因概覽の附録に、『尾添・荒谷をも能美郡と爲は、寛文四年以來のこと也。』と記した
るが故に、後の學者皆之に疑を挾むものあらずといへど...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕吏地理を知らず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次に岡田豐前守が加賀藩に内通せる書簡には、加賀藩が尾添・荒谷二村を上地するに對し
て、幕府は福井領なる牛首・風嵐二村をも收公するの意あることを言へり。然るに福井領...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
横山外記の岡田豐前守に持參したる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
中宮村一ヶ所上申候而も詮なき儀と存候。其上中宮村上候得者、石川郡之山境目紛敷候間
、右之通中野川を境、尾添・荒谷兩村差上、中宮村は上申間敷候事。一、尾添村に最前者
銀山就レ有レ之、小屋懸躰之町御座候。唯今銀山致二退...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より前田綱紀に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
而可二申上一候。先爲二御内證申上候。先年肥後殿より御老中各へ被二仰入一事に御座候
間、御望之通白山近所尾添・荒谷兩村御藏入に可レ被二仰付一由岡田豐前守申越に而、忝
思召候段御老中各へ御状被レ遣可レ然奉レ存候。今日肥...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
初め尾添・荒谷二村民が、その地の幕府に還附せらるべしとの報を得るや、八月廿四日尾
添の肝煎等十一人は書を加賀藩の吏津...