石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第四節 租税
と地子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田氏の初期に當りては、金澤の城下に主要なる市坊八つあり。西・堤・南・金屋
・近江・安江・材木即ち是にして、世に之を尾山八と稱へ、本とせ
り...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
事情略前述の如し。今之を終るに臨み、各派寺院の名稱及び所在を附載す。天台宗寺院東
照宮社僧神護寺金澤西城内東照宮供米百貳拾石社僧東叡山常照院兼帶に付安住寺出雲寺
最勝寺下裁許を勤む梯天神社僧梅林院能美郡梯...
第一章 制度法規 第一節 職制
平士
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人持に次ぐを平士とし、定番御馬廻・御馬廻・組外・御大將・御奧將・御表將の諸
組に別る。定番御馬廻・御馬廻・組外の諸士は合はせて三品の侍と稱す。又定番御...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀藩領村籍天明六年より慶應二年に至る能美郡大杉赤瀬打木上江瀬領日用荒谷牧口西原
粟津井口白 山 田 山 田津 波 倉木場三谷蓮 代 寺符津矢崎今江須天向 本 折安宅安
宅 新浮柳安宅草野(以上粟津郷...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
菟裘をに營む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より利常は、を菟裘の地として大に工事を起さしめ、翌寛永十七年五月江戸を發し
、路東海道を經、六月城に入れり。...
第六章 經濟交通 第四節 交通
江戸出府の日程
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第十三日に於いて江戸に着せしことあり。稍日程を變じて津幡・高岡・魚津・泊・糸魚川
・高田・牟禮・坂城・諸・坂本・本庄・上尾・江戸とせしことあり。津幡・高岡・魚津
・泊・糸魚川・高田・柏原・屋代・諸・坂本...
第六章 經濟交通 第四節 交通
上街道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。天保十一年四月亦この道を取り、又安政五年四月齊泰が歸藩の際に於いては、神奈川・
(鎌倉巡覽)・藤澤・田原・三島・由比・岡部・掛川・濱・吉田・池鯉鮒・起・柏原
・木本・今庄・府中・金津・(鹽屋・橋立等巡...
第六章 經濟交通 第四節 交通
中山道
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
したるが爲とし、その日程は左の如く、里程百六十里餘と公稱せらる。第 一 日江戸出發
上尾宿泊里程八里二第 二 日吹上中休深谷宿泊里程九里三十二第 三 日落合新中休
板鼻宿泊里程九里十二第 四 日坂本...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
川隊の杉澤文納人面の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五月二十五日午刻、目附の川隊は炮二門及び兵若干を赤坂村に出すことを命ぜられしを
以て、赤坂・駒込の敵を撃攘し民家二戸を焚きて歸...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
淺井畷合戰覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
亦年寄申候者共之物語承傳申候品々、過日書くわへ申候覺書左之通。一、肥前守利長樣大
聖寺より御歸陣之節、之城より、丹羽五郎左衞門(長重)樣人數御出し、於二淺井一
御合戰御座候。慶長五年庚子八月九日辰之刻に...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に成候處、男色の御寵愛より稍出頭し、束髮の後傳藏と改稱し候。御徒組え入、夫より新
番に移り、無レ程御大將組に入、遂に御使番並に成、物頭並より去々年組頭並、夫より
人持組に被レ命候。日夜御側に相勤、御寵遇重...
第六章 經濟交通 第四節 交通
上洛の道程
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
會して再び往復の頻繁を加へたりき、這次の旅程は左記の如く里數六十四里餘を十三日程
とせしが、後短縮して任・・大聖寺・金津・福井・府中・今庄・敦賀・海津・大溝
・堅田・京都とし、又は任・・大聖寺・...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
茶問屋仕法書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吟味人見屆を請、御定之通五十斤入に付一匁宛御口錢、七月・十一月兩度上納可レ仕候。
御口錢上納方之儀者、吟味人より金澤吟味人え差出可レ申候。一、金澤表並越・能等
え、私共より送茶荷物馬附・船積等之分、吟味...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
事務員及び收容者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この非人屋の主任吏は算用場奉行及び奉行にして、非人屋裁許と稱する與力數人實
務を掌り、本道及び外科の醫師を...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
藺筵の販路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藺筵は附近の諸村に於いて生産せられ、その一部は藩士より自家用として直接に注文
せらるゝものあり、又は金澤等...
第五章 殖産製造 第七節 製織
附近の製絹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
附近に於ける製絹の文献に見えたるは、文明十一年道興准后の回國雜記に、能美郡本
折に機織あるを記したる...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
近藤忠之丞の復仇
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せざりき。孫三郎乃ちかの士家に對して面目を失へりとなし、天保四年十二月廿九日の夜
、忠太夫が金澤市笠市なる越中屋長兵衞の家より出づるを待ちて口論を構へ、遂に刀を
拔きて之を殺しゝが、忠太夫の杖を以て士分に...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
市區の擴大
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の尾張荒子に起りし時より、越前府中に、能登七尾に、而して最後に金澤に隨ひ來りし諸
士の住居せし所を尾張と名づけ、尾張の南北に沿ひて新と今とを生じたりといへ
ば、是等は最も早く成りしものなるべし。當時...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
荷頃村及び半藏金の敵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七月朔日薩長の兵來りて川隊に森立峠に會し、各向かふ所を定め、川隊は森林中に散
開して敵の正面に當り、炮門をその右に置き、長...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
宗門改帳の記載例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寛文(上書)十一年七月十日宗門御改之帳分一、淨土眞宗本蓮寺旦那何屋誰
子何兵衞妻女一、同稱名寺旦那同人下女こや能美郡何村何娘〆...