石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
の監禁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
然るに藩はの上書を以て事の重大なるものとなし、翌二十六日郡奉行内藤十兵衞
が金澤の旅舘より出行するを...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の交名は左の如し。津田玄蕃家臣松枝十之丞福直四十二歳司令役七月廿五日越後長岡にて
戰死石田縫右衞門保全十九歳司令役同安田周藏信之十 四 歳戰士同山下鐵之助末春
歳戰士同宮村敬助秀方十 七 歳戰士同本...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
諱は忠篤、字は士信、初め義と稱し、後と改む。號は靖齋又は後素。先世
忠次、前田利家に仕へて...
縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
第二編藩治時代(上)一頁第一章領主及び領土一頁第二章加賀藩治創始期五頁第一節末
森の戰五頁第二節越中平定八〇頁第節前田利家の晩年一〇四頁第四節大聖寺淺井畷二
役一七頁...
章 學事宗教 第九節 兵學
安達之助
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
安達之助、諱は寛栗、藩士辻平之丞の臣中宮五左衞門の第二子なり。之助刻苦勵精人
に超ゆ。初め藩臣瀬某の家...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀藩領村籍天明六年より慶應二年に至る能美郡大杉赤瀬打木上江瀬領日用荒谷牧口西原
粟津井口白 山 田 山 田津 波 倉木場谷蓮 代 寺符津矢崎今江須天向 本 折安宅安
宅 新浮柳安宅草野(以上粟津郷...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
荷頃村及び半藏金の敵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七月朔日薩長の兵來りて隊に森立峠に會し、各向かふ所を定め、隊は森林中に散
開して敵の正面に當り、炮門をその右に置き、長...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
等の就縳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・石黒圭郎・谷村直の人は、金澤を發したる後、海津に至りて青木新郎等
と宿舍を共にしたりしが...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
淺井畷の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長の班軍は一旦金澤城に入るを目的とせしが故に、松城攻略の計畫を棄て、無事にそ
の兵を退却せしむるを欲したりき。是を以て八月七日、先鋒の諸將長連龍・同...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
版籍奉還の出願
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より先天皇將に東京に再せんとし給ひしを以て、慶寧は鸞輿に供奉し奉らんことを請
ひしに、二月八日之れを允し後驅の任を命じ給ひき...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に成候處、男色の御寵愛より稍出頭し、束髮の後傳藏と改稱し候。御徒組え入、夫より新
番に移り、無レ程御大將組に入、遂に御使番並に成、物頭並より去々年組頭並、夫より
人持組に被レ命候。日夜御側に相勤、御寵遇重...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
石黒圭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
石黒圭郎は猪山吉藏の次子にして、天保十年十一月九日を以て生まる。嘉永二年藩儒石
黒辰郎の家を嗣ぎ、明倫堂訓...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
の建白
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是に於いては、藩情の因循姑息天下の形勢に副ふ能はざるを慨し、文久二年八月
二十四日金澤に歸り、二十五日郡奉...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
の南上
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
時に金澤の同志等、慶寧退京の眞意果して如何を知ること能はず。曰く、これ姑
く大津に在りて敵の出づるを待ち、長藩と前後挾撃せんとするものにあらずや。吾輩同志
た...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を算し、唯同志中永原恒太郎と廣瀬勘右衞門とは、既に病歿せしを以て罪を問はずとせら
れたり。切腹慶寧附大將組不破富太郎切腹明倫堂助教千秋順之助切腹人持組大野木將人
弟大野木仲郎切腹料理人青木新郎流刑慶寧...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
喧嘩口論
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
身を犧牲に供せしものなきにあらず。寛永六年四月將軍家光が加賀藩の本郷邸に臨み、上
下多忙を極めし際、兒姓玉井主水・藤田長吉の二人は書院の廊下に於いて相鬪ひ、共に
傷つけられて死せしが、その原因の何たりしか...
再刊の辭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
縣史第二編の再刊また成り、こゝに之を頒布せしむるに至れるは余の頗る滿足する所
とす。而してその功程は、...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
氏の覇府を開きしより上下約百年、侯伯の地方に分封せらるゝもの、慶長の古に在
りては百九十餘家を算し、...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
吉徳の歸城と病症
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
法一も常例に異ならざりしといへば、未だ甚だしく病勢の漸むに至らず。又六月辻祐安の
診察したる時にも、『水短少腫脹漸甚』とありて、決して溺水に基づくの症状にあらざ
るを見るべし。而してその發病以後の經過が政...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
十村處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
改作法復活の令を發したる後、月十七日齊廣は十村等の職を奉じて豪華の生活を營める
もの十一人を算用場に捕へしめき。或はいふ、この事...