石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第八節 雜業
塩の販賣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
裁許所に出頭して宣誓することを要せり。又消費者に對して鹽を賣捌く爲には、各町村に
鹽裁許人の免許したる小賣人あり。小賣人が已に收納したる鹽を買受けんとする時は、必
ず最寄問屋に就きて代銀を納入し、鹽問屋は之に...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
甚だしき惡貨に非ざる限りは、之を選擇して通用を妨ぐべからざることを封内に諭したる
ことあり。同年六月又小賣の酒肴・青物・菓物・炭薪の賣買には錢貨を用ふべく、その他
の商業にも、價格銀一匁以下なる物には錢貨を用...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
天保の徳政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
うする所の麥を不レ喰して、其高うする所の酒を呑ことは、未是よからず。右米壹升。蓋
し問屋の相場にして、小賣是高うす。其錢拾貫は、百目の内價にして、錢屋又利を取。諸
人頗借金あり。今亭主の詰る所に因て、更に儉約...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
關係者の逮捕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
切潟魚・堀川邊大根・同野菜・海老等なり。加州宮のこし本家調合所錢屋五兵衞同喜太郎
弘所同佐八郎同要藏卸小賣在々所々に數多御座候。目印に者大戸しめる所也。〔錢屋五兵
衞一件〕
第一章 制度法規 第四節 租税
職に懸る上納銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
紺屋役・鍛冶役等は前者に屬し、絹判賃・布判賃・魚問屋口錢・銀座封賃・酒屋役の如き
は後者に屬す。その他小賣業者たる米屋、運送業者たる三度の如く、株立にして無税なる
もありき。
第五章 殖産製造 第八節 雜業
葉煙草の賣買
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。是等の葉煙草は乾葉の儘にして熨斗することなく、その價格は製造せる刻煙草と多くの
差なし。是を以て全然小賣のみの營業者を見ることなく、煙草屋は即ち製造業と販賣業を
兼ねたりしなり。
第五章 殖産製造 第八節 雜業
茶問屋仕法書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
添遣可レ申候。尤右見合印鑑、金澤茶問屋え指出置申度奉レ存候。私ども販賣之分者、時
々吟味人見屆を請置、小賣可レ仕候。一、大聖寺御領商人より御領國え入茶之内小松通り
拔申分、小松之内御口錢場相立、御口錢取立申度...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て米穀の城下に輸入せらるゝもの殆ど無くして、奔騰の勢底止する所を知らざりしを以て
、藩は六十五戸の米穀小賣營業者に對して一日各一石を分配し、初日の立相場を五百目と
し、爾後日々十匁宛を低下して、三十日の後には...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の小松暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文化五年、前年の凶作により貯穀大に缺乏したりしが、特に小松に於いては米價騰貴して
小賣一升錢八十三文となれり。是に於いて町民等、騰貴の原因を奸商の買占に因るとなし
大に激昻したりしが、偶閏...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天保の石川能美郡暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
貴せしかば、七月晦日夜五つ半時、石川郡本吉領字高濱の松林中に聚合したる群集は、直
に本吉なる濱町の米穀小賣商新村屋仕右衞門の家に亂入し、正壽寺の境内に入りて梵鐘を
鳴らし、その相圖によりて片町の紺屋三郎兵衞を...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米穀賣買の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に、印紙米といひて、市民の飯米を供給せんが爲、藏宿に於いて拂米切手を切り代へ、小
額の預劵を發行して米小賣商に賣出したるものありしも、その額は固より多からず。米市
場用米賣買切手(河村茂三郎は給人・紅屋平兵衞...