石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
小瀬道喜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小瀬道喜號は甫庵。初め豐臣秀次に仕へ、寛永中來りて前田利常に仕ふ。俸祿二百五十石
、能く兵法の學に通ず。道喜又...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田利常 光高の學事奬勵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第三世前田利常は、寛永中小瀬道喜を京師より招き、その子光高の教授に當らしめき。而
して光高も亦聰明にして儒術を尊信し、孜々として筆研に...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
藩政初期の詩賦
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天下に重きをなせる石川丈山の詩風にして既に然り。その餘流を汲むもの豈盡く然らざら
んや。松永昌三然り、小瀬道喜然り、平岩仙桂・澤田宗堅亦然り。奧村庸禮・奧村悳輝皆
然らざるなし。唯五十川剛伯のみ才學卓絶にして、一...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田利常
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に拘泥するを嘲笑し、自ら咄衆なる者を左右に侍せしめ、彼等の經歴せる所を語らしめて
治國の參考に供し、又小瀬道喜を京師より招きて之を祿し、大坂の役・天草の亂相踵ぎて
未だ文藝を談るの餘暇なきに拘らず、尚能く太平記・...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田光高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田光高は利常の子なり。光高資性聰慧、父の志を繼ぎて學を好み、小瀬道喜を侍讀とな
し、又松永昌三を招聘せり。その江戸の藩邸に在るや常に林羅山を招きて經を講ぜしめ、
且つ和歌を...